2012/6/22(金)徐々に慣れて

今日は先週の土曜日以来ですが、自転車でトレーニングに出ました。

例によって同じコースですが、前半の40分がまたしても9.9kmで、平均速度14.9km/hだったのですが、おそらくこの前よりは50mくらい走っている距離が少ないと思います。その証拠に往復の距離数では19.8kmになってましたから。

帰りは18分5秒で平均速度は、32.8km/h少し遅かったですね。ただ、今日は風があって、最高速も59.5km/hとちょっと遅かったので、いたしかたないところです。

さて、この間書いたみたいに、今日はダンシングを多用して走ってみました。足に負担がかかりすぎないように注意してでしたが。ダンシングは腰を持ち上げるので、どうしても心拍数が高くなります。

ギヤを一段落とすというのも、その分ペダル回転数を落として心臓の負担を減らすということなのですが、これは坂道ならシッティングでも同じことです。

平地は毎分80~90回くらいペダルを回せるくらいの、軽いギヤを使うのですが、登りになったらサドルに腰をおろしていたとしても70回とか、60回に落として走るのです。登りでは負荷が高くなりますから、これも心臓の負荷を減らすためです。

登りで心拍数を上げ過ぎると、オーバーペースになり、結局休むか、リタイヤすることのなってしまいます。レースだったら遅れたら終わりってことはありますが、楽しんで走るサイクリングにはそれはありませんので、賢くペース配分をしてください。

しかし、自分のことを書くと、今日は登りで少し頑張っちゃいました。心拍数も80%をたびたび超えたと思います。人に無理するなと言っておいて、自分はこれじゃしょうがないですよね。

ただ、少しずつ体が慣れてきたせいか、少々心拍数が上がっても苦しくはなるのですが、それに耐えられるように徐々になってきているようです。でも、あまり普段運動していない人は、無理のないペースで走ってくださいね。

 

| コメント (0)

自己紹介

Photo2 生徒さんから「あのくらいなら出来そう」と思ってもらえるレッスンを目指しています。

スキーがとても上手い先生は理想ですが、見せてくれるお手本が自分にはとっても出来ないレベルだったという経験はありませんか?

スキー教師の中にはスキーが上手くて、生徒には絶対出来ないようなことが出来ないと、なめられると思っている人もいるかもしれません。

確かにそういうことは言えますが、一方であまり凄いお手本を見せられても・・・と思う人も多いのではないでしょうか?

でも、「あのくらいなら出来そうだ」と思ったら、やってみることが出来るし、比較的簡単に出来ることと思います。

それを積み重ねて1シーズン、2シーズンと過ごしていったら、着実にレベルアップしていくことが出来ると思います。

普段スキーの出来ない季節には、自転車や水泳などもしています。

他には去年中国に出張した時から興味を覚えて、中国語も習い始めました。女子十二楽坊のファンでブログも書いています。

メールはこちら