« 2013/8/13(火)代謝が上がる | トップページ | 2013/9/3(火)スピードが戻る »

2013/8/19(月)体の中から聞こえる声

今年になって自転車で走っている時に、ある変化に気づきました。特に上りを走っている時に、心臓がある心拍数にいくとそこでリミッターがかかって、それ以上の負荷を掛けないように体がペース上げさせない、というのを感じています。

そのせいか、上りで以前に感じていたような苦しさを感じないのです。これが、心肺能力が非常に強化されているなら不思議はないのですが、定期的に走って鍛えているとは言うものの、年齢的には50歳過ぎてますので、どう考えたって若いとき以上に調子が良いというのは無理でしょう。

アスリートの世界では、科学的なトレーニングが進んだせいで、マラソンでも40歳前なら優勝する選手はいますが、それ以上ではさすがに無理ですね。

理由としては最大酸素摂取能力(体重1kg当たりで、1分間に取り込める酸素量)が、40歳を越えたころから落ちてくるからでしょう。炭水化物や脂肪を燃焼してエネルギーするための酸素が取り込めなければ、当然パワーは落ちてしまいますよね。

私の場合にしても、昔、心拍数の高い所で出ていた強いパワーは出ません。というより、そこまで心臓を使ってしまうと、体に危険があるということなのでしょう。そんな体の訴えを聞いていると、リミッターがかかりながらも、ある程度のペースでは走れてしまいます。

昔TOK先生も、内なる体の声を聞きなさい、と同じようなことを言っていました。正直、昔のイメージがありますので、もっと力強く走れるはずなんだけど、という思いもあるのですが、いつまでも楽しく走れることが大切ですよね。

無理をしていないので、走った翌日に膝に痛みが出る、ということも少なくなりました。一昨日は家から塩尻峠まで走って来ました。峠は最速で24分ちょっとで上ったことがあるのですが、それはもう、10数年前の話。2,3年前に30分を切ったことがありましたが、今回は35分かかりました。

この調子で秋口になって涼しくなれば、多少とも体への負担が減りますから、もう少しタイムは縮まるかもしれません。まあ、私の歳からしたら、このくらい走れれば満足すべきかもしれません。欲が勝って体を壊したら、元も子もないので、体の声を聞きながら続けていきたいと思います。


« 2013/8/13(火)代謝が上がる | トップページ | 2013/9/3(火)スピードが戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/8/13(火)代謝が上がる | トップページ | 2013/9/3(火)スピードが戻る »