« 2013/6/18(火)調子が上がってきました | トップページ | 2013/8/13(火)代謝が上がる »

2013/6/27(木)ニューブーツ

先日、来季用のブーツとして、SALOMONのX-MAX 130を注文しました。

前のREXXAM DATA-M 130は、滑りの点ではそのクイックなレスポンスがとても良かったんですが、足の幅や甲の高さという面では、チューンしてなんとかギリギリ履いていたという状態でした。

それが今シーズン後半から、足の小指の付け根の横のあたりの軟骨が出てきてしまって、痛くて履けなくなってしまいました。

その個所を直すのがなかなか難しく、ショップでもやってみてくれたのですが、痛みが取れなかったのです。

もともと甲の高さも厳しく、インソールも外していたのですが、足も冷たいですし、実質1シーズンちょっとしかはいていないので、もったいないとも思ったのですが、足の痛いのは嫌なので変えることにしました。

さて、ではなぜSALOMONのX-MAXかというと、このブーツは元々シェルが幅広に作られています。カタログ上はREXXAMも98mmで同じなのですが、足を入れてみると全然違います。

インナーブーツもSALOMONの方が少し厚みがあるようで、当たりなどもそれだけである程度は吸収してくれそうです。

それに加えて、このブーツはインナーもシェルも熱を加えてから足入れをすることにより、自分の足に合った形状に調整することができます。カタログ上では98mmから103mmまで変化出来るようですね。

私がノーマル状態で履いてみると、どこも痛くなくてなおかつフィットした感じがします。ただ、やはり軟骨の部分は調整をしておかないと、長時間履いた時に痛みが出てくると思います。

ブーツの基本性能については雪の上で試したわけではないので、何とも言えない部分もありますが、履いてみて足に伝わってくるフィーリングは決して悪くありません。

試し履きではフレックス120のものでしたが、固さとか前傾角なども問題なさそうでした。

何より、インナーがしっかりと足をホールドしてくれるので履いた感じも暖かいです。私はスキーでも手足はあまり冷えない方なのですが、来シーズンはブーツに関しては非常に快適になりそうです。

レスポンスという意味では、REXXAMには及ばない部分もあるかもしれませんが、バックカントリーなどで、歩くって要素が入ってくると、快適さっていうのは大切ですよね。

というわけで、早々と来季ブーツのお話でした。





« 2013/6/18(火)調子が上がってきました | トップページ | 2013/8/13(火)代謝が上がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/6/18(火)調子が上がってきました | トップページ | 2013/8/13(火)代謝が上がる »