« 2013/1/5(土)圧変化の少ない滑り | トップページ | 2013/6/18(火)調子が上がってきました »

2013/1/14(月)素敵なプレゼント

今日の野麦峠スキー場は朝から1日中大雪になり、ゲレンデには新雪、粗踏みだらけでした。

私は「パラレルへの道」スペシャルレッスン担当だったのですが、このゲレンデ状況から実質的に新雪粗踏みスペシャルとなりました。

今日は二人の方が受講されたのですが、お二人とも今月末のニセコキャンプに申し込まれています。

つまりお二人にとっては、今日は最高のプレゼントをいただいた日となったわけです。この状況を利用しない手はありませんね。

新雪というとどうしても、急斜面がメインになってしまいます。確かに滑れる人にとっては、斜度がある方がむしろ楽なのですが、それほど慣れていない人にとってはハードルが高く感じます。

ところが、いつもなら圧雪されるファミリーゲレンデも、今日は新雪が一杯でした。まず、ここで直滑降の練習をすることにしました。

新雪を滑るときは、足元が柔らかいので、バランスを取るのが難しいという問題があります。これは慣れるしかないのですが、一番良い方法は緩斜面の直滑降なのです。

直滑降するとスキーのトップが雪の抵抗を受けて、まるでモーターボートのように浮き上がります。この状態でバランスが一番取りやすいポジションに乗って滑ることを覚えると、直ぐにコツがわかります。

何度か直滑降をしながら、少しずつターンをして、慣れていきます。新雪と言っても抵抗は一様にくるわけではないので、凹凸があったとしても、オレンジを土踏まずから逃がさないようにして乗っていると、みなさん驚くほど安定した滑り方になってくるのです。

さて、もう一つ大切なことは、落下することにより雪の抵抗を十分に受けることです。この雪の抵抗を受けているという感覚は、少し慣れが必要です。

弱い抵抗ですので、最初はなかなかわからないものなのですが、これがわかると、感覚的には整地を滑るのとほとんど同じになります。

落下して雪からの抵抗を受けて、圧が高まってきたらそれを引いて受け入れてやります。整地と新雪の違いは、圧の来る時間と量です。ゆっくりと抵抗がくるので、圧が来てから吸収動作に入ります。

新雪もたくさんの人が滑ると、粗踏みになります。凸凹があって滑りにくいのですが、先ほど書いたように、足裏にオレンジを意識してその真上からスキーに乗っていると、スキーのトップがパタンパタンと上下して行ってくれます。

これも波のあるところで、モーターボートに乗るのと同じようになりますので、ターン中もそのイメージを持ち続けます。

こんな感じで練習しながら、生徒さんたちは感覚を徐々に掴まれ、ユリワリの新雪やチャンピオンのボコボコの粗踏みも、安定して滑ることができました。

この調子でニセコのパウダーも楽しんで来てください。


« 2013/1/5(土)圧変化の少ない滑り | トップページ | 2013/6/18(火)調子が上がってきました »

コメント

新雪、粗踏みを十分に体験させていただきました。波乗り状態からのターンへの入りタイミングはつかめたようです。ただ新雪での圧の受け方、感じ方、難しいですね。経験しかないのかもしれませんが、バランスがくずれると”焦り”が出る悪循環をわかりかけただけでも貴重な一日でした。ありがとうございました。

投稿: uchi | 2013年1月15日 (火) 09時36分

uchiさん、ありがとうございました。
新雪は来る圧を感じることが一番大切なのですが、
ゆっくりと来るので、それを待つことは慣れないと
大変かもしれません。
しかし、慣れれば必ず出来ることですので、
少しずつ感覚を掴んでいってください。

投稿: Syrius | 2013年1月16日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/1/5(土)圧変化の少ない滑り | トップページ | 2013/6/18(火)調子が上がってきました »