« 2012/12/31(月)潜在能力の現れ | トップページ | 2013/1/4(金)スピードコントロール »

2013/1/1(火)オレンジで楽しいスキー

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日も野麦峠スキー場は晴れ間が時々出るものの、終日雪が降っていました。本当に今シーズンは雪が多く、アイスバーンもところどころあるものの良い状態で滑れています。

さて今日は、Mさんご夫妻と、お友達のIさん3人のフレームレッスン担当でした。皆さんフィーリングスキーは初体験で、Mさんの奥さんはまだパラレルターンがお出来にならない状態で、普段はファミリーゲレンデばっかり滑っている、ということでしたので、ファミリーゲレンデを使い基本のレッスンから始めました。

まずは、スキーの前後差により、スキーはターンができる構造になっているということや、左右のスキーのバランスを崩すことにより、ターンが始動するなどを学びました。

その後、足裏にオレンジを意識してもらい、つぶれる戻るを意識することにより、急激な圧変化がなくなること、オレンジが片足から両足→片足と移動することで、ターンがスムーズに行えることを練習してもらいます。

お三人がまったく理解がいっしょというわけではありませんが、それぞれ少しづつ滑りが変わられました。

ファミリーでも斜度の変化がありますので、斜度のあるところで無限大ターンを行ってもらい、スピードコントロールの方法を学びました。

それまでプルークボーゲンであった、Mさんの奥さんの滑りが舵取り期にはプルークポジションがでるものの、スキーが大分そろってきました。他のお二人もきれいなターン弧を描けるように変わってきています。

そんな感じで何本かファミリーゲレンデで練習した後、最後の一本はトレーニングバーンで総復習です。

ここは結構斜度がありますので、ターン弧を切り上げながら短い距離を少しづつ滑って行きました。元々、この斜面を滑れる方もいましたが、みなさん、かなり安定して滑れるようになりました。

1時間半の短いレッスンですから、まだ全てが完璧とはいきませんが、今日のレッスンを思い出して練習していただくと、もっと楽に滑れるようになるでしょう。

夕方Mさんの奥さんが、以前は怖かったトレーニングバーンをオレンジのおかげで、楽に滑れるようになったと、わざわざ改めてお礼に来てくれましたが、微力ながらお役に立てて嬉しく思います。


« 2012/12/31(月)潜在能力の現れ | トップページ | 2013/1/4(金)スピードコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/12/31(月)潜在能力の現れ | トップページ | 2013/1/4(金)スピードコントロール »