« 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る | トップページ | 2013/1/1(火)オレンジで楽しいスキー »

2012/12/31(月)潜在能力の現れ

一昨日はとても良いコンディションだったのですが、昨日の雨で下部のゲレンデはガリガリでした。しかし、ずっと雪が降っていたおかげで、少しずつバーンの状態が良くなっています。

最上部ではさらさらの雪がキュッキュッと鳴くような良い状態で、コース脇にはプチパウダーが。レッスン終了後はスクールのみんなでこんなところを楽しみました。

さて、本日はSさんのフレームレッスンを担当しました。右足に上手く乗れないということで、その辺りをレッスンして欲しいというご希望でした。

最初に滑りを拝見すると、右外足の滑りはそんなに悪くありませんでした。むしろターン後半に右足の方が外向姿勢を保っています。

私も同じ傾向があるのですが、左はスッとターンに入れるので、自分でクルリと回すことができるなどの感覚で、左が得意という感じをお持ちのようでした。

レッスンはまずは緩斜面でオレンジを土踏まずに意識して滑ってもらいました。オレンジについてはSさんは良く御存じなのですが、つぶれたオレンジがフワッと戻るときの力でスキーが走っていく感覚を体験してもらいました。

そして、その後すぐにオレンジが次の外足に移って、そのオレンジに乗っていくというイメージで滑ってもらいました。

得意の左外足では、スキーを自分で回してしまうことがあるので、切り替えて外足のオレンジを意識したら、何もせずに落下していくことで非常に素直なターンができるようになりました。

ここまで来ると、私も欲が出てくるので、ストックを自分の見える位置に常に置いておくことや、視線をフォールライン方向に常に向けておくことで、外向姿勢ができて切り替えがやりやすくなること。

他にはしっかりと、スキーを回しこむことなど、消化不良になるくらい、いろいろのお話をしました。

ただし、実際に滑るときに、こんなことを全部意識して滑ることも不可能です。

ですから、一度に一つずつ覚えながら、らせん階段を上るように少しずつ練習をしてレベルアップしていくということが必要です。

さて、もう一つこれは技術ではないのですが、お話したことは、滑っている中では斜面や雪の状況が刻一刻と変わります。そんな中ではターンの中でも、上手くいっただめだったということがありますが、そういうことをあまり気にせずに、その瞬間に集中するということです。

そんなアドバイスが効いたのか、スクールのレッスンが全て終わった後にスタッフで、例によって変な斜面ばかり滑っていたのですが(笑)、そこにSさんもいらして、粗踏みかつ、少しクラスト気味の結構むずかしい斜面をスクールのスタッフ並みに滑っていらっしゃいました。

Sさんは、今日のレッスンのお陰と言っていらっしゃいましたが、いやいや、元々Sさんがお持ちだった潜在能力がでてきたということだと思います。でも、私もそのために少しお手伝いができたとすれば嬉しいことですね。


« 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る | トップページ | 2013/1/1(火)オレンジで楽しいスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る | トップページ | 2013/1/1(火)オレンジで楽しいスキー »