« 2012/12/24(月)最高の磨き砂 | トップページ | 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る »

2012/12/25(火)クラストを滑る

昨日はクラスト斜面を楽しんだということを書いたのですが、じゃあどうやったらそんな斜面が滑れるのかということを書いてみたいと思います。

ただし、一口にクラストと言ってますが、条件的には昨日私が経験したよりもさらにハードな条件もあるでしょうから、そこを私が滑れることを保障するわけではないです(笑)。

普通の新雪と違うのは、表面の硬い部分が崩れたときに、その中に、はまってしまうと抜け出しにくくなってしまうことです。でも、それは重い新雪に、はまった場合も同様です。

私がこういうところを滑る時の意識の中では、まず1ターン目が大切です。大きく落差を取って落下しながら、かかと支点で少しだけ迎え角を作ってやることにより、雪の抵抗を受けたスキーが表面のクラストを崩しながら回り始めます。

雪から受けた圧でスキーがトップから雪面より飛び出しますが、スキーがターンすることで下肢がひねられた状態になっていますから、この時にそれが戻る力で切り替ができます。後はこの繰り返しですね。

このスキートップが浮いてくる感覚を覚えるには、直滑降が有効です。急斜面ではそんなことはできませんが、野麦のユリワリの場合は途中から斜度がなくなりますので、モーターボートがスピードを出すと、舳先から浮いてくるような感じで、かかとを支点にしてトップが押し上げられる感覚を掴んでください。

私も2回ほど直滑降をしましたが、一回目は体の伸び縮みを少し使って、トップを上下させてみました。二回目は本当にモーターボート感覚で、トップずっと浮かせたまま滑っていました。

転んでも痛くありませんので、うまく滑れたら儲けものくらいの気持ちで楽しんでください。また、こういう斜面では引くターンが有効です。外足の荷重を強める意識でなく、内足を少し軽くしてやるつもりで滑ると、ターンがスムーズにいきます。

こんなことをヒントにして、何度もチャレンジしていただくときっと良いと思います。言葉だけでは滑り方がわからないという方は、スクールでオフピステ入門スペシャルなど行っていますから、受講してみるのも良いと思います。



« 2012/12/24(月)最高の磨き砂 | トップページ | 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る »

コメント

TOK先生のオフピステキャンプに参加したときのことを思い出しました。「モーターボートターン」と「直滑降から入れ」でした。一昨日、見た目はきれいなピステゲレンデでしたが、滑ってみるとガリガリでしかもボーダーが幾筋もの溝や穴をあけてあるところへでくわしました。今回、このブログを思い出し、踵支点でやってみたところ不思議なほどうまくいきました。こういう場所で「直滑降から入る」のが怖いのですが、直滑降こそ破綻が少ないのかもしれませんね。次回はやってみようと思います。

投稿: michi | 2012年12月29日 (土) 11時34分

michiさん、コメントありがとうございます。

実は今日も重たい新雪を滑りましたが、谷回りで
しっかりと落下することにより、粗踏みになった
ところもうまく、滑れました。
もうひとつの注意としては、外向をしっかりと
取ることですね。
ぜひ、またそんな斜面にチャレンジしてみてください。

投稿: Syrius | 2012年12月30日 (日) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/12/24(月)最高の磨き砂 | トップページ | 2012/12/29(土)ボールがつぶれて戻る »