« 2012/12/15(土)スクール研修会 | トップページ | 2012/12/25(火)クラストを滑る »

2012/12/24(月)最高の磨き砂

今日はスクールへの今期初出勤ですが、連休最終日でクリスマスイブでもあるので、家でクリスマスを迎えられた方が多かったのか、スキー場は比較的空いていました。

雪が降ったり、晴れ間が出たり、曇ったりといった天気でしたが、スクールでは小回りスペシャルがあり、4名のみなさんが寒い中、熱心に受講されていました。

Dsc_9187

雪は特に上部でしっかりと降っており、この間の雨で硬くなったゲレンデが大分回復されつつあります。(白黒に見えますが、カラー写真です)

Dsc_9170


私はレッスンが無かったので、雪景色やスペシャルの風景を写真に撮ったりしておりましたが、午後になってスクールのスタッフで滑りに出た時に

、ユリワリゲレンデを滑ってみようという話になりました。

ここはスキー場のスタッフの話によると、1mくらい積もっているらしいということでした。そして、足を踏み入れてみると、そこには・・・・・。

土曜日の雨で表面が溶けた後に凍りクラストしており、その上に10cmくらい新雪の積もっているような状態。滑ってみるとやたら難易度が高く、私の一本目はほとんどターンになりませんでした。

それでも、何とかそこを滑りきったのですが、上手く滑れないのにこれがとても楽しいのですね。次はきちんとターンをしてやろうとか、チャレンジ精神を掻き立てられるのです。

そして、二本目。私もいくつかターンになりました。次のレッスン時間の関係で、スクールまで戻らなければならないのですが、降りながらも「ヘ○○イ」コース巡りです。

丸山の横や下。立て水の両端など、程度の差こそありますが、どこもクラスト状態でしたが、ユリワリを滑った後では結構やさしく感じられ、みんな楽しく滑りました。

私自身、こんなところで小回りで滑るとは思わなかったのですが、案ずるより生むは易しといったところでしょうか。

その後、一旦スクールまで戻りましたが、スペシャル終了後に担当の「うに」さんも一緒になって、またユリワリ、や丸山、立て水などのクラスト斜面をみんな一回くらいは転びながらも、楽しんで滑りました。

こういう状況は難しいですが、そうは言っても、入っていかないことには経験を積むことができません。

幸いに転んでもケガすることはまずありませんが、最初は足がパンパンになったりしますので、慣れるまではある程度体力がある人でないと大変かもしれません。

滑れるようになると、体力はなくても平気なのですが。

滑り方のアドバイスなどは、次回に改めて書きたいと思います。


« 2012/12/15(土)スクール研修会 | トップページ | 2012/12/25(火)クラストを滑る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/12/15(土)スクール研修会 | トップページ | 2012/12/25(火)クラストを滑る »