« 2012/12/14(金)弱点克服のために | トップページ | 2012/12/24(月)最高の磨き砂 »

2012/12/15(土)スクール研修会

来週の土曜日22日から、野麦峠スキー場がオープンしますが、それにあわせて今日、明日とスクールの研修会が開かれています。

本当は朝から雪上研修が予定されていたのですが、あいにくの雨。私は早めにゲレンデに入って、合羽を着て足慣らしをしていましたが、雨の中無理に滑って体調を崩す人が出てもいけないということで、雪上研修は中止になり、宿舎でビデオを見ながらのミーティングに変更になりました。

結果的に私一人だけが朝1時間ほど滑らせてもらったのですが、昨日までしていた基礎練習が自分の滑りに役立っているのかどうかを、フリーで滑りながら確認です。

最初は中回りくらいで滑っていたのですが、それほど斜度のないゲレンデですし、後半は緩斜面になるので、高速小回りを中心に滑ってみました。

雑な滑り方をすると、上体がローテーションしてしまうこともあったので、斜度のあるところでは、しっかりとスキーが回りこんでくることを確認しながら滑り、緩斜面になったらスピードをキープして浅い弧でノンストップで滑る。

スピードを上げるために、小回りの最中に直滑降をはさんでみたり、緩斜面でも板の返りをつかってなるべく加速させたり、超早いリズムでもしっかりとしたストックワークが出来るようにとか、普段はあまりできない練習を短時間集中して行ってから宿舎へ。

宿舎での研修では、昨年の映像を見ながら、各自の滑りの問題点や改善点などを話し合い、いろいろな技術論なども飛び交い、大変有意義な時間を過ごしました。

またその後は、ビデオ撮りの技術に関しての解説と、実際にインストラクターが撮ったビデオを見ながらのアドバイスなど、フィーリングスキースクールならではの講習も行われました。

外部の方には手前味噌に思えるかもしれませんが、今日の研修で私が印象に残ったことはスクールのイントラの滑りの見る目の確かさです。

みんなが少しずつ違った視点からものを見ているので、意見を集約していくと非常に深い考察が得られます。それでいて、本質的な部分では各自の見方にブレがないので、見当はずれな意見が出てこない。

今シーズンもこんなすばらしい仲間と一緒にスクールの活動ができることを誇りに思います。


« 2012/12/14(金)弱点克服のために | トップページ | 2012/12/24(月)最高の磨き砂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/12/14(金)弱点克服のために | トップページ | 2012/12/24(月)最高の磨き砂 »