« 2012/11/17(土)タイヤ交換 | トップページ | 2012/12/12(水)ニュースキー »

2012/12/11(火)今シーズン初滑り

今日は私の今シーズンの初滑りでした。今シーズンは雪が早く、11月中から滑れるゲレンデがいくつもあったのですが、結局、家に一番近いスキー場(車で30分)でようやく今日の初滑りとなりました。

まず始めは、緩斜面でプルークボーゲン(クルードパラレルなんて言わなくてもわかりますよね)で、8ヶ月振りの雪の感触を確かめながら、コース半分ほど滑ってみました。

その後、超緩斜面でパラレルに移行してみると、右外足でのターンに違和感が。そう、私は右外足のターンが少し苦手です。

パラレルターンは少し斜度があってスピードが出せる場所の方が滑りやすいのですが、緩斜面で滑ってみると、自分の欠点が良くわかりますので、シーズンインの時などはやってみると良いですよ。

ところで、今日の滑りの中では、あえてフィーリングスキーのイメージを持つことを止めて、その代わりに足裏の感覚を研ぎ澄まして、雪面からの情報に集中しました。

オレンジを意識しない状態で、オレンジを意識したのと同様、あるいはそれ以上の滑りができるなら、それがフィーリングスキーの完成形ではないかと思っています。

今日は平日だというのに、何人かのスキーヤーが滑っていましたが、シーズン初めですから、みなさん自分の滑りを磨き上げようという意欲を感じました。

私も同様の意欲を持って滑りましたが、練習方法は他のみなさんと違っていました。別に自分のしていることの方が優れているとか、言うつもりは無いのですが、ただ滑るだけでなく、いろいろな基本トレーニングをしてみました。


まずはチップアンドテールを2本、バックスライド‐チップターンを2本滑ってみました。これらはスキーを前後にスライドさせる滑り方で、チップアンドテールがボードで言う木の葉ターン。
バックスライド‐チップターンは片方向だけでなく、左右を入れ替えながら前後にスキーを振りながら滑る方法です。

最初に右足の動きがうまくいかなかったと書きましたが、どうしても利き足の右足は悪さをして余計な動きをして、それがターンの妨げになるのですが、こういう滑りをすると、変に右足が動くと引っかかったり、ターンができなかったりしますので、良い練習になります。

その後も、テールでズレズレのショートターンや、ワンターンしては停止、またワンターンしては停止など、みっちりとやってみました。

このスキー場はコースが短く、リフトに乗る時間も短いので、短時間集中して滑るということを連続して行うことができます。

以前には30分の間に10本とか軽く滑ってました。シーズンオフにも多少の運動はしていたというものの、まだスキーの体になっていませんので、滑りによっては1本滑っただけで息が切れてきます。

1時間休みなしで滑りきって、今日の練習はおしまいです。平日ですので、仕事もしなければなりませんし、集中して1時間ずっと滑りましたので、かなり内容のある練習ができました。

滑りも最初と後では大分変わりましたので、今日滑ったことは意味があることでした。

土曜日にはスクールのシーズン初めの講習会がありますが、できればもう何回か滑って準備を整えていきたいものです。


« 2012/11/17(土)タイヤ交換 | トップページ | 2012/12/12(水)ニュースキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/11/17(土)タイヤ交換 | トップページ | 2012/12/12(水)ニュースキー »