« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/17(土)タイヤ交換

雪が降ったので一昨日スタッドレスタイヤを頼んだんですが、昨日もう間に合いました。

今日は五竜や八方のオープンだったので、昨日の内にタイヤを取りに行って自分で履き替えて初滑りに行こうか、とも思ったのですが、今日は天気が悪そうだし、例年よりも早いスタートだから、まだまだあせらなくてもいいやと思い止めました。

それで、今朝タイヤを取りに行ってついでに交換もしてもらいました。今年車を代えたので、夏タイヤも新品でした。まだ、3,000kmくらいしか走っていないので、まだまだ新品の走りです。

ところが、今日新品のスタッドレスに替わったら、これが全然感触が違う。タイヤ同士の形状の違いもあるのでしょうが、タイヤサイズは同じなのに、ハンドルが軽い。

トレッドゴムが柔らかいので、乗り心地がフワフワする、など夏タイヤとスタッドレスの違いがあまりにあるので、改めて驚きました。

最近、タイヤメーカーは、スタッドレスを夏のように気温が高い時に乗ると危険ですよ、ということを良く宣伝していますが、これだけゴムが柔らかいと、高温時にはトレッドがかなり急にすり減るだろうなあ、ということは十分予想がつきます。

それによって、ただ走っただけで事故になることは無いにしても、急ブレーキ時などには正常な運転ができない可能性もある、ということは肌で感じました。

以前は車が古くなっていたので、中古の程度の良いスタッドレスを買い、それを冬から春夏秋と履いて乗り潰し、冬にまた中古のスタッドレスに買い替えということをしていましたが、これだけ違いがわかってしまうと、そういうことはできないですね。

安全な方向への変化ですので良いのですが、感じ取る力もあまり鋭くないほうが、お財布には優しいのかな、何てことも考えましたが、とりあえず2,3年は安全に走ることができそうです。

新品のスタッドレスタイヤの表面の皮むきが終わったら、ちょうどシーズン突入ということになりそうです。

| コメント (0)

2012/11/16(金)無意識→意識→無意識の流れ

いつも行っているスーパーは、駐車場が1階にあるのですが、スペースが狭いために直ぐ一杯になってしまいます。

そのため、屋上の駐車場に車を止めることが多いです。屋上は3階相当なので、エレベータや階段を使います。

買い物がたくさんあるときは、エレベータを使っていますが、今日はお昼を買うだけだったので、下りも上りも階段を使いました。

下りではちょっと速めに降りてみました。速く降りるためには足を速く動かす必要がありますが、そのためには腕も速く振らないといけません。

ところが腕を振る反作用によって、微妙なバランスが崩れるのです。そこを上手くバランスを取るようにすると、これはバランス取りの良いトレーニングになります。

ただ、シニアの人は足がからまるかもしれませんので、オススメできません。これ、別に私が若ぶっているわけじゃなくて、自分自身もあと何年かしたら、これ危ないかもと思ったのです。

帰りは階段を上るのですが、これもトレーニングを兼ねて、一段飛ばして上ってみました。こちらは負荷がかかりますので、心臓をある程度鍛えていないと危ないかもしれません。

それはともかく、2階までこれで上った時に、あることに気づきました。今日は左手には買った荷物を持っていましたので、一段飛ばしで階段を上ろうとしたときは、左手は振れません。

そのために、体がバランスを取るために無意識に右手を大きく振るということがわかったのです。

それで、2階から屋上に上るときは、意識して右手を大きく振ってみました。そうすると、とてもスムーズに一段飛ばしで上ることができました。

これはフィーリングスキーの効果と似ていますよね。

あるイメージを持って滑ったときに、無意識に良い動きが出てきます。それで、ああ良かったでも、もちろん良いんですが、その無意識の感覚をもう少し意識して突き詰めてみると、良い場合があります。

体から自然に出てきた動きを、無理やりではなく、自然に出して上げるようにするのです。無意識から意識下に移ってきたら、感覚を少しずつ変化させてみるのです。

例えば、足元に意識したオレンジの位置を前後左右で微妙に変えてみる。そうして、自分の中で感覚を調整していきます。

無意識から意識的な運動に変化するのですが、あくまで自然に行います。無理やり力を加えたりはしません。

こうすることによって、意識してできていたことが、そのまた先のレベルでは無意識にできるように変るのです。経験を積むことにより、ごく自然に、しかもより高いレベルでの運動ができるようになるというですね。

昔、私が生徒としてフィーリングスキーを習っていたころ、TOKさんより何度もこういうことを教わりました。

繰り返してトレーニングすることにより、無意識にできるようになるから、そこまで行って初めてできたと言える。先生がいればできるのでなく、先生がいなくてもできるようになる。
そこを目標にしなさいと。

そのためには、この「無意識→意識→無意識」という意識の変化が大切なんだ、ということが改めてわかったというのが、今日の収穫でした。

| コメント (0)

2012/11/15(木)久し振りのプール

みなさんもニュースでご存知の通り、各地で雪が降りました。おかげで今週末の17(土)に白馬五竜とHAKUBA47がオープンすることになりました。

私も行きたいのですが、まだタイヤがノーマルのため行くことができません。雪が降ったので、今日タイヤを発注したところです。ちょっと遅すぎですよね(汗)。

続けて積雪がないと、また一旦クローズなんてことになってしまうでしょうが、滑れる人がいたら、楽しんでくださいね。

さて、今夜は久し振りにプールに行ってきました。私のブログを見ると、去年の11月10日以来、約1年ぶりになってしまいました。

去年は肩の軟骨がすり減っていて痛みが出ていたので、グルコサミンを飲んだりして養生していたのですが、父の介護があったりして、なかなかプールに通う時間がありませんでした。

私の肩の他に、腰や膝など、ちょっと無理をすると痛みが出てくる箇所をいくつも抱えておりますので、最近はガンガンと運動しずらくなってしまいました。

夏の間は自転車に乗っていましたが、それも疲れが溜まると膝に痛みが出たりと、加齢には勝てない、というよりも、いつまでも若いつもりでガンガンいってしまうのがいけないのですね。

それはともかく、今日は久し振りで、いきなり肩や膝を痛めるといけないので、ウォーキングの合間に泳ぐ、みたいな感じで1時間ほど運動してきました。

泳ぎはある程度覚えると間が空いてもあまり下手にならないものなので、短い距離は結構イケるのですが、長く泳ごうと思うと疲れやすくなります。

こういう時には、水の流れに身を任せるような感覚で泳ぐのがいいですね。

水の中でもがいたりせず、水と一体になって回りの流れるのを感じていきます。

そうすると、無駄が無い泳ぎで泳げるので、結果として長く泳げるようになります。

本当はインターバルトレーニングをして、心肺機能を鍛えたいのですが、弱い箇所に無理がかかるといけないので、今夜は止めにしておきました。

今年は冬の間も少し泳ごうと思っているので(寒さのために夜、でかけるのが、おっくうにならなければですが)、無理せず少しずつやっていこうと思います。

| コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »