« 2012/6/11(月)スキルの向上 | トップページ | 2012/6/15(金)体の訴えを聞く »

2012/6/13(水)持久力トレーニング

昨日は夕方少し時間がありましたので、マウンテンバイクで出かけました。微妙に雨の降っている状況ですので、本当ならバリバリ走ってさっさと終えて帰る方が良いのでしょうが、以前に膝を痛めていますので、連日膝に負担をかけるのも心配ですし、サドルが当たってお尻も痛かったので、速く走る気は失せました。

そこで、LSDトレーニングをすることにしました。LSDとは麻薬ではなくて、Long and Slow Distanceの略です。簡単に言うと、長い距離をゆっくり走るってことです。有酸素運動で脂肪を燃やして、持久力をつけるトレーニングになります。

心拍数が最高心拍数の50%~60%くらいで、これを長時間行います。感覚的に言うと、普段よりも心拍数は上がっているが、楽に呼吸ができる程度の負荷をかけます。

自転車だけでなくてウォーキングでも、ジョギングでも何でもできます。自転車の選手になるなら、5,6時間はやらないといけないのですが、体もまだそこまで出来ていませんし、時間もありませんので、2時間くらいの予定を立てました。

有酸素運動というのには2種類ありまして、運動の初めにはグリコーゲンが消費されます。負荷の高い運動をすると体内のグリコーゲンは2時間くらいで無くなりますので、それからは主に脂肪が使われるというようになります。

ただし、体内のグリコーゲンが完全になくなると、ハンガーノックと言って体が動かなくなってしまいます。この状態になると、食べても直ぐには回復しません。ですから、2時間以上の運動をする場合は、補給食を早めに取りながら続けないといけないことになります。

同様に水も汗でどんどん失われますので、水筒やキャメルメルバッグ(デイパックに水のタンクが入っていて、チューブで飲みながら運動できるもの)などで、まめに補給します。こちらものどが渇いてから飲むのでは遅いのです。

今回は2時間で終わる予定ですし、それほど負荷をかけるつもりはないので、水だけ持って行きました。

さて、昨日はいつもとは別のコースを選びました。上りを帰ってくるのは大変なので、基本的に前半に上り、後半に下りというコース設定をしていますが、いつものところは上りがきついので、負荷が上がりすぎます。上るにしてもなるべくだらだら上りのところを選んで走ります。

ゆっくりしたスピードですので、回りの景色を楽しむ余裕があります。おかげで実験的に「合鴨」農法をしている田んぼを見つけました。この道は何度か通っているのですが、車だと気づきませんでした。

昨日はゆっくり写真を撮る時間がありませんでしたので、また車で出かけて行って、写真を撮って写真の方のブログで紹介したいと思います。

走っていると林道を見つけましたので、そちらに行ってみることにしました。途中までは舗装道路ですが、後から未舗装になり、ようやくマウンテンバイクの真価発揮です。

携帯のGPSで見ると、この林道はそれほど長くないみたいです。できれば最後まで行ってみたいと思いましたが、時間との兼ね合いで暗くなるまでの勝負です。

この一帯は鳥獣保護区になっていますので、できれば道を外れて山の中に入って小動物に会ってみたいところですが、いないとは思いますが熊に遭遇するといけないので、地元の人のガイドでもあるときにやってみたいです。それでも小鳥のさえずりはきれいに聞こえています。

この辺りになると自転車で上るのに疲れてきましたので、自転車を下りて押して歩きました。それじゃ自転車に乗っている意味がないじゃないかと思われるかもしれませんが、押して歩いても有酸素運動になりますし、負荷を落として帰りのグリコーゲンを残しておくという意味合いもあります。

上っていると、少し先に茶色の動くものが・・・、野生の鹿でした。こちらに気づいて山の中に逃げて行ってしまいましたので、写真は間に合いませんでした。さすが鳥獣保護区ですよね。

そこから20分ほど歩いてたところで、林道は終点になりました。そこにあったものは、

Tomeyama


マツタケの止め山でした。もっと良いもの(素晴らしい眺めとか)があることを期待していましたが、ちょっとがっかりです。

ご存じない方のために説明しておくと、止め山というのは地主がよその人が勝手に来てマツタケを採ってしまわないように、入山を禁止してある場所です。写真のビニールひもが張ってある向こう側がそれです。

マツタケの季節でなければ、入ってもどうということはないかもしれませんが、マツタケを採ると窃盗罪が適用されますし、採ってなくても荷物検査をされたりしますので、マツタケの季節にはくれぐれも立ち入らないようにしてください。

さて、これで帰ることになりますが、ここまで15kmの道のりです。山道はそれほど速く走れないでしょうが、平均で25kmは出せると思うので、実家まで30分ほどで帰れるはずです。自転車だと上りは押したとしても、帰りは乗って帰れますので、林道程度でしたら自転車で来るのが楽です。

帰りは雨が少し激しくなりましたが、土砂降りというほどでもなく、暗くなる前に帰ってこられました。2時間を少し過ぎましたが、ほぼ予定通りでした。今度は天気が良い時に行ってみたいです。


« 2012/6/11(月)スキルの向上 | トップページ | 2012/6/15(金)体の訴えを聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/6/11(月)スキルの向上 | トップページ | 2012/6/15(金)体の訴えを聞く »