« 2012/2/17(金)普段滑っている感覚は? | トップページ | 2012/2/29(水)来シーズンモデルのスキーについて »

2012/2/18(土)引くターンで滑りが変わる

土曜日はMさんのフレームレッスンでした。急斜面で腰が引けてしまうということでしたので、滑りを見せていただくと、山側に体が逃げてしまっていて、その分谷足に荷重が少ないのでスピードコントロールが難しい感じでした。

そこで樹海コースでオレンジイメージを使って、「引くターン」の練習から始めました。外足の荷重を強めるのではなく、内足の圧を減らしていくことにより結果として外足の荷重がたかまります。また内足を引こうとすると、絶対に山側に倒れることはできません。自然に外足に乗れるようになるのです。

引くターンは押すイメージのターンよりも、スキーがターンしようとする動きを妨げないように感じます。そのため、スキーが自分で回り込んできてくれるような感覚を覚えます。

ついでに樹海コース下から峰の原の非圧雪バーンに入ってみました。Mさんはあまり不整地に入ったことが無いと言われていましたが、こういうところでは左右だけでなく前後のバランスも取らないといけないので、スキーが上達したいと思えは、どんどん入って行った方が良いということもお話しました。

そして引くターンで滑っていただいたところ、問題なくターンができてしまったのです。

次は再度ラビットで上がってラビットの固めの斜面を使って、横滑りの練習をしました。この時にゆっくり降りるのではなく、ダダダっと落ちていくような横滑りのポジションを掴んでいただきました。

これも外足にしっかりと乗る感覚を養っていただくものです。Mさんは今までの感覚からすると、体がとんでもなく外側に傾いていると感じられたようですが、外から見ていると外スキーの真上にしっかり乗っているとしか見えないのです。

チャンピオンまで降りてきてからは、ターン外側の腕を下げていくというイメージで滑っていただきました。これらのトレーニングにより、滑りは大きく変わったのですが、Mさんは引くターンのイメージが少し強すぎて内足が持ち上がりぎみでした。

最後の仕上げとしてオレンジに戻り、オレンジにだけに集中して他のことは何も考えないようにして滑っていただいたところ、外足にはしっかりと乗ることができ、急斜面でのスピードコントロールもうまくいくようになりましたし、内足も安定した良い滑りになりました。

Mさん、どうもありがとうございました。機会がありましたら、また一緒に滑りましょう。


« 2012/2/17(金)普段滑っている感覚は? | トップページ | 2012/2/29(水)来シーズンモデルのスキーについて »

コメント

1月28日・ノンストップ滑走の記事を読み返しました。とてつもなく長いコースの場合、疲れ少なく滑るにはノンストップ滑走が必要と気がつき、この記事を読み直した次第です。疲れないノンストップの要点はやはり、引くターンですね。引くターンは何となくわかってきた。谷を向きながらのきりあげで、スピードコントロール出来るとのことですが、これでノンストップした場合、優雅にゆっくり滑れるものなのでしょうか。それとも、それなりに、かなりのスピードが出ているものなのでしょうか。「かなり」というのは中級ゲレンデを「暴走」ではないが、あれよあれよというまに遠ざかられる印象です。アドバイスをお願いします。

投稿: michi | 2012年2月25日 (土) 09時50分

michiさん、ありがとうございます。

ターン弧を切り上げる割合を変えることで滑るスピードを変えることができます。
あまりゆっくりだと、なかなか降りてこられませんし、速すぎると大変です。
自分で一番良いスピードを探してみてください。

投稿: Syrius | 2012年2月25日 (土) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/2/17(金)普段滑っている感覚は? | トップページ | 2012/2/29(水)来シーズンモデルのスキーについて »