« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/4/26(火)プールに復帰

このところ、ブログの更新が滞ってすみません。この前書いたスピーチコンテストの説明で高校を回ったり、仕事もしたりと忙しい日を送っております。

ところで最近、少し左肩が痛くなりました。寝るときに左を下にして寝るクセがあるからだろうと思うのですが、それなら何で今頃痛み出すんだろうという感じですよね。

以前に肩が痛いと言って動かさないでいたら、四十肩になってしまったことがありますので、その轍を踏まないようにと、今日からプールに復帰しました。

ちょっと肩の痛みが心配だったのですが、クロール、バタフライ、背泳ぎと泳いでから、平泳ぎをしてみたら、来ました・・・、肩の痛みが。

痛いのを無理に動かすのは、医者に見てもらってからの話になりますから、とりあえず今日は平泳ぎは止めて、他の泳ぎだけにしておきました。

いきなりガンガン泳ぐと、それこそ肩を痛めかねないので、少し泳いでは水中ウォーキング、また泳いではウォーキングという具合で、今日はまずは体を動かすことに重点を置いて、スピードなどは二の次。

泳いだ距離のトータルでは7~800メートルといったところしょうか?とりあえず平泳ぎ以外は泳げたのですが、痛まないまでも肩が重い感じがします。

これから徐々に肩を慣らしていって、平泳ぎを含めてスムーズな泳ぎが出来ることが当座の目標です。

| コメント (0)

2011/4/21(木)低速でのバランス

この前の記事からまた少し時間が空いてしまいましたが、今日はまず面白いものを紹介しましょう。

竹取Web」というホームページなんですが、このページで表示したい日本語のURLを指定してやると、そのページを「縦書き」で表示してくれるものなのです。

試しに竹取WebでこのブログのURL(http://syrius.way-nifty.com/)を入力してみて下さい。人によって感覚が違うかもしれませんが、私にとっては日本語は縦書きが非常に読みやすいです。

さて、今日の本題ですが「低速でのバランス」についてです。あまり斜度の無い平らな場所でターンをしようと思うと、普通はパラレルターンよりもプルークボーゲンの方がやりやすいですよね。

パラレルだと直滑降は良いのですが、低速ではターンをしようとした途端に「おっとっと」とバランスを崩しやすいです。

一つの原因は左右の荷重移動がスムーズに行いにくい、ということです。スピードがあって遠心力がかっていると、外足に楽に乗っていられます。切替の局面でも反対の足に荷重を移していく時も足場がしっかりとしているから、楽にできるわけですね。

何も低速でわざわざパラレルしなくても良いじゃないか、と思う方もあると思いますが、あえてそれをしてみると、実は結構大切なことに気づくことが出来ます。

今シーズンの野麦のファイナルで、トレーニングバーンの最後の方を滑っているときに低速パラレルをしてみてわかったことがあります。

低速のパラレルターンでは、自分から動いてはだめなのです。左右のスキーの切替のポイントよりも早く、自分で体重移動をしてしまうなどをするとバランスを崩してしまうのです。

そのためにどうするか、ということなんですが、気を抜いて滑れるような緩い斜面でも、オレンジをしっかりと意識して、左右のスキーの間でその受け渡しをきちんとします。

その上でスキーが回ってくるのをじっくりと待ってあげると、低速なのにウソみたいにターンが決まるのです。

このように高速だとなんとなくごまかせてしまうことが、非常にシビアな感覚でできるので、低速で滑ることもとても面白いです。

以前にも書いたことがありますが、今シーズン深雪の白馬乗鞍の緩斜面で小回りの練習をしました。

抵抗が大きくてスピードもないので、自分から動こうとするとやっぱりバランスを崩してしまうのですね。

そこでスキーが回ってくるのをじっくりと待つことにより、非常にゆったりとした小回りが出来てバランスもバッチリだったのです。

低速のシビアなバランスをクリアできれば、スピードのあるときにバランスを取ることは、いとも簡単にできます。

それがどんな局面でも安定したスキーにつながっていくのではないか、と思っています。

| コメント (0)

2011/4/16(土)誕生日

昨日は私の誕生日だったのですが、ジャスト50歳になってしまいました。

昔は人生50年なんてことを言いましたし、若い頃考えていた50歳は結構年寄りのイメージがあったんですが、実際になったみると体力も思ったほどは落ちていないし、人が思うほどではないんだな、と思いました。

そうは言っても、これから徐々に体力や視力(こっちは大分老眼きてます)聴力など落ちてくるのでしょうけど、幸いフィーリングスキーをやってますので、まだまだスキーは楽しめるかなという感じです。

3月28日以来、ブログが途絶えていましたが、最近、あれもこれもやることが多くて大変なのです。

実はこういう高校生英語スピーチコンテストの長野地区予選実行委員なんてこともしているので、仕事だけでなくそっちの方も忙しいので、野麦のスクールが一息ついたこともあって、ついついブログに回す力が無かったというわけです。

とりあえず、昨日、県内の高校に対して案内状の発送が終わったので、これからは実際の大会の運営の準備がありますが、それは秋の話なんで少し時間が空きそうです。

なので、冬の間のことなど振り返って書いていきたいと思いますので、よろしかったらまたお付き合いください。

| コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »