« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31(木)自分の滑りはどうか

昨日はレッスンの後、時間がありましたので、少しフリーで滑ってみました。あさひプライムは一昨日までは緩斜面しか滑れなかったんですが、昨日の11時ごろから上の中間駅までがオープンしました。

人工雪をがんばって付けてあるのですが、まだコース幅が本来よりも狭い状況でしたので、ブンブン大回りというわけには行かない状況でした。

この前の「さのさか」では、サスンド・オブ・ミュージックターンを主体に滑ったのですが、今日はそんなゲレンデ状態も踏まえて、Activated Cellイメージ(フィーリングスキースクール校長、TOKさんのホームページより)で滑ってみました。

今シーズン、直接TOKさんからこのイメージを教わったわけでは無いので、もしかすると誤解もあるかもしれませんが、センサーポイントからのエネルギーの伝達と蓄積というのは、オレンジターンや愛のターンなどとも共通した部分がありますので、自分なりに捉えることは出来たと思います。

足元から細胞が活性化されて溜まってきたエネルギーが、谷回りで開放されるのですが、この一連の動作で、圧の吸収と開放が無理なく滑りの中で現れてきます。

それによってゆったりとしたターンが導き出されますし、エネルギーの解放の時に、スッとスキーが走り、切り替えが出来ます。でも、悪い癖でイメージだけに集中出来ずに、「谷回りでもっと積極的に落っこちて」などと考えて実行してしまうので、雪に任せる部分半分、(意識の上で)自分でしかける部分も半分といったスキーになったりします。

SAJのバッジテストなどではそういう滑りも出来なくてはいけないし、筋肉に不自然な負荷をかけるのでなけば、いろいろな滑りが出来るのも悪いことじゃないのかな、と自分では思っています。

後は、あさひでは不整地を滑る機会というのがあまりないので、この辺りをもっと増やして上達したと思ってはいるのですが、こればっかりは自分の意思だけではどうにもなりませんね。

シーズン初めということで、まだ若干のぎこちなさは滑りの中に残っていますが、とりあえずシーズンの状態にはなれたのではないかと思います。

| コメント (0)

2009/12/30(水)素直な心で集中

今日はあさひのスクールで、グループレッスン担当でした。初め私のクラスには、2人の子供が割り当てられていたのですが、一人は初めての子、もう一人は少し滑れる子ということでした。

集合時間に見ていると、少し滑れるという子はスキーを履いて、あちこち滑って歩いています。直感的に「この子結構滑れるんじゃないかな?」と思い、「リフトに乗ったことある?」と聞いてみたら、「ある」という返事でした。

お父さんに聞いてみると、去年スクールでレッスンを2回受講したということですが、リフトに乗るときがちょっと怖いと思うので、レベルを低く申告されていたようです。もう一人は初心者ですから、一緒のレッスンをするよりは、もう少しレベルが上の子のグループに入れた方が良いと思い、校長に相談したところ、変更して良いということでしたので、結局、H君という小学校2年生の男の子とマンツーマンのレッスンになりました。

さて、このH君。スキーを履くのも一発で出来るし、それよりも難しいビンディングの開放も一発で出来ました。平らなところを歩いたりする練習では、微妙な上りが登れずに苦労していたりしたのですが、斜面の階段登行(斜面に対して横向きで、カニさん歩きで登る方法)を始めてみたら、谷足のエッジが自然に立っています。

山足も谷足も斜面に平行になってしまって、ズルズルと滑って登れない子も結構いるのですが、H君は初めてなのに、全然問題なく登っています。また、直滑降をするときにも、自分でいろいろと動いてしまって、変なところに滑っていってしまう子も多いのですが、H君は「何にもしないでね。」と言ったら、素直に滑り降りてしまうものですから、スーッときれいに滑れます。

生まれ持ったスキーとの相性を感じましたので、プルークポジションを取らせてみると、これもスッと出来てしまいます。そこで一回だけプルークファーレンをしたら直ぐにリフトに乗せて、緩斜面の上へ。

ここの緩斜面は最高でも10度くらいしかなく、初心者には滑りやすいのですが、それでもまだろくにプルークが出来ない子をリフトを降りて直ぐに滑らせるのは無理があります。そこで最初の一本だけは、私が抱えて斜度が緩くなるところまで行き、それからプルークの練習を始めました。

私がスキーの先端を持ち、プルークポジションを取らせて、滑っては止まり、滑っては止まりをしながら、確実に止まれるように練習します。もう、最初の一本の終わりごろには、スキーを大きく開いて止まれるようになってしまいました。

次の一本は斜面の最初から、私が後ろ向きになって、声をかけながら滑ります。最初の少しだけ急なところを慎重に降りてから、「先生との間が離れたり、くっつきすぎたりしないように滑っておいで」と言って、私の方を見ながら滑ってもらいました。

最初はゆっくり滑って、スピードを出しすぎないで、コントロールする練習、(もちろん、H君はそんなことは考えず、ただ私との間隔を一定に保つことだけに集中して滑っているのですが)。

その内、滑走スピードを少し上げて、さらに私自身もわざとスピードの変化を少しずつつけて、H君のスピードコントロールのトレーニングです。この2本目でスピードコントロールは相当なものになりました。

さて、3本目ですが、「自分の行きたい方があったら、そっちを見ていたら必ず行けるよ」ということを教えて、引き続き私との間隔を保ちながら滑るのですが、私は少しずつ右に行ったり、左に行ったりという変化をしました。

するとH君は、私の行ったことを素直に守って、私をずっと見ていてくれるので、結果的に曲がりながら滑ってしまったのです。実はH君はスイミングをやっているので、先生の言ったことを守るという習慣がついているようです。だからスキーでも私の行ったことを本当に良く守ってくれたので、私が今まで教えた生徒の中でも、抜群の上達振りでした。

最後の一本は、リフト寄りの斜面を滑ってみたのですが、まだ、雪がたくさん付いていない状態なので、結構起伏のある斜面になっていました。でも、H君は私との間隔を保つことだけに集中して滑ってくれましたので、山を越えた後に滑走スピードが増したりした時でも、全然不安がなく滑ってしまいます。

生まれて初めてのスキーで、2時間の間に4本リフトに乗って、スピードコントロールと、プルークボ-ゲンの導入も出来、転んだのはたった一回だけでした。うーん、素晴らしい。

今日の良かった点は、H君が私の行ったことを素直に守ってくれたことと、私を追いかけることだけに集中してくれて、斜面を見て不安を持ったりしなかったことではないかと思います。

また、それにより止めるプルークではなく、滑るプルークを覚えて、しかも長い距離を滑ってそれに習熟する時間が十分に取れたことが良かったと思います。

私もこんなに早い上達を見ることが出来て、本当に幸せでした。H君今日はどうもありがとう。

| コメント (0)

2009/12/29(火)捨てる神あれば、拾う神あり

この前書いたように、今シーズンはフィーリングスキースクールの活動は出来ませんので、今年の年末年始は家でおとなしくしていようと思っていたのですが、昨日、ホームゲレンデのあさひプライムスキー場のスクールから電話が掛かってきて、「プライベートレッスンの申し込みに備えて、待機要員が必要なのだが来てもらえないか」という話がありました。

プライベートレッスンの当日申し込みがなければ、仕事は無いかもしれないということでしたが、少なくとも滑ることは出来るので、早速出掛けていきました。

結局、レッスンは無かったわけですが、同じクラブのNさんにフィーリングスキーを教える機会がありました。Nさんは、以前に私と同じ英会話教室に来ていたので、元々知り合いだったのですが、去年からクラブにも入っていて、一度一緒に滑る機会がありました。

その時に、自分でスキーを操作しようとする動作が大きく、疲れる滑り方をしていたので、フィーリングスキーの導入みたいなレッスンをしていたのですが、今日は「時間があったら、またフィーリングスキーを教えて下さい。」と言われたので、喜んでお教えさせていただきました。

シーズン初めでもあるので、一本目は滑りはどういう形でも良いから、今日の雪がどんな雪なのかを感じ取ってみましょう。ということをテーマにして、足裏に神経を集中して、同じ時間の同じゲレンデでも、雪の表情が色々あるということを感じて滑ってみました。

その後で今度は、滑っているときの音を聴いてみる、つまり「サウンドオブミュージック」ターンなのですが、ここでも滑りを改善するというよりも、とにかく音に集中するということで滑ってみました。

オレンジもやらずに、いきなりサウンドオブミュージックというのは順序が逆か、とも思ったのですが、オレンジを意識するよりも、音は実際に出ているのだから、フィーリングスキーに慣れていない人には、そちらの方が導入としては楽だろうと考えたわけです。

滑ってみたNさんの感想は、とてもリラックスして楽に滑れるということでした。ただ、滑りを見ていると、気持ち足元が不安定な感じがします。そこで、ブーツのバックルの締め方をチェックさせてもらうと、案の定バックルが緩んでいますし、パワーベルトにいたっては、ほとんど締まっていませんでした。

それでバックルとパワーベルトをきちんと締めてから滑ってもらうと、足元から伝わってくる情報を感じ取るのが楽になったようです。この後、一旦プルークに戻して、押すターンと引くターン、さらにはジュース浴びターンを行ったわけですが、ジュースを浴びるのが、ブーツから一番来ているような感じがすると言っていました。

明らかにブーツを通して、雪の感触を得ることが出来つつあるということですね。時間があまりありませんでしたので、今日はここで終わりましたが、一緒に滑る機会はこれからもあるので、また少しずつフィーリングスキーをお伝えしたいと思います。

明日は、スクールの予約がかなり入ってきましたので、レッスンがあるかもしれません。「捨てる神あれば、拾う神あり」といったところですね。

| コメント (0)

2009/12/23(水)初滑り

200912231450000 また、約一ヶ月このブログを放っておいてしまいました。今日は今シーズンの初滑りでしたので、その様子を書きたいと思います。

その前に、今日は野麦峠スキー場のオープンで「フィーリングスキースクール野麦校」もオープンということでしたので、本来なら私も野麦に行っていないとおかしいのですが、今シーズンも私はフィーリングスキースクールでの活動が出来ません。

その理由は活動資金が無いことと、それに加えてある事情から、例えお金があったとしても、生活費以外への出費が出来ないということによります。

自分としてはフィーリングスキースクールを辞めたつもりは全く無いので、事情が許すようになり復帰出来るものなら、そうしたいと思っております。

今日の初滑りは「さのさか」へ行ってきたのですが、私の会社は少しスキー場に関係がある仕事をしているおかげで、招待券をいただくことが出来て晴れて出かけることが出来たというわけです。

さて、昨シーズンはホームゲレンデの「あさひプライム」だけしか滑っていませんでした。そうすると、それ以外で滑ったというのは一昨年の3月の白馬47以来ということになります。

出かける前の予想では、軽い粉雪がパックされた雪質と思っていたのですが、思っていたより雪に水分があり、圧雪されて固められた状態でした。実は個人的にはこういう雪質はスキーの中では一番嫌いで、まだツルツルのアイスバーンの方が好きなくらいです。

とは言え、せっかくこんな機会があるのですから、久しぶりの雪の感触を確かめながら一本目を滑りました。でも、何か調子がおかしい。不思議に思ってブーツを見てみると、あらら。駐車場から歩くのにバックルを緩めてうっかりそのまま滑ってました。

私、元々そそっかしいので、時々こんなことをします。バックルをきちんと締め直して滑ってみると、感触は良くなりました。中斜面で慣らしをして、急斜面なども行ってみましたが、自分で上手いと感心するほどではないものの、滑ることには問題ありませんでした。

しかし、やはり待っていました。私を磨いてくれる試練が・・・。

さのさかの「ニューパラダイスゲレンデ」というのは、降雪時は圧雪せずにそのまま残しておいてくれるおいしいゾーンなんですが、今日もその斜面が待っていました。

最初遠くから見たときは、一度圧雪した上に新雪が少し乗っている状態だと思っていましたが、実際に行ってみると重たい雪が降ったままで、尚且つあら踏みになっているという難しい状態でした。

チャレンジはしたものの、一本目は撃沈。二本目、三本目となるに連れ少しはターンが出来るようになって来ましたが。今まで、こんな重くて深い(ストックが底につくまで70cmくらいありました)新雪は滑ったことがないので、全く踏まれていないところは何とかなるものの、あら踏みになるとターンが危なくなります。

ちょっとストレスが溜まる状況でしたが、これも自分の下手さ加減が原因で、スキー場が悪いわけではありませんので、とにかくチャレンジすることにしました。

その後で、一番奥のレイクダウンコースに行ってみました(トップの写真ゲレンデ)。ここは中斜面で雪も他より状態が良く、大回りで滑ったらとても気持ちよく滑ることが出来ました。でも、これもその前に新雪あら踏みを滑ったことの効果が出たのかもしれませんね。

斜度が少なくなったところでは、目をつぶって集中して滑るというトレーニングもしてしまいました。すると、結構体が余計なことをしていて、かえって滑りにくくしているということに気づきました。

特に右足がダメですね。まあ、本当はダメと切って捨てるほどは酷くないのですが、左足に比べると良く動くから余計なことをしてしまうようです。

今日の初滑りでは、課題がたくさん見つかってしまいましたが、自分で良いと思うところもありました。これだからスキーは面白い、ということなんでしょうね。

| コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »