« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/25(土)水泳と呼吸

普段なら土曜日は自転車に乗っている日なのですが、今日は雨こそ降っていないものの天気はイマイチで、あまり走る気分ではありませんでした。それにいつもは金曜日にプールに行っているのですが、夕べは娘に自転車のパンク修理を頼まれて行けませんでしたので、今夜プールへ行って来ました。

天候も良くないし夜だということで、6時半ごろプールに着いたのですが、私を含めて5人しかプールにいませんでした。そこで1コース貸切みたいな形で前半は1000m泳ぎ、休憩時間の後は200mのインターバル1回、400m個人メドレー1回、200m個人メドレー1回というトレーニングをしてから、最後に1500m自由形で泳いで締めました。合計距離は3300mで恐らく私の泳いだ最長記録になると思います。

さて、タイトルにもあるのですが、今日最初にクロールで泳ぎ始めた時に、無意識のうちにいつもと違った呼吸法を取っていました。息を吸うのは顔を上げた時しか出来ませんが、いつもなら顔が水中にあるうちは息を止めているか、後半で少し息を吐くという形で呼吸をしています。

息を吐くということは、力を抜いてリラックスするのに良い方法ですが、水泳で力強い泳ぎ(特に腕のかき)をしたければ、息を止めて瞬間的なパワーを出すという時間が必要です。でも反面、呼吸は苦しくなりますね。

水泳で呼吸が苦しいのは、顔が水の中にあって自由に息が吸えないからだと思いがちですが、実は息が吐けないということがまず苦しいんですね。人間は肺にたまった二酸化炭素を多く含んだ汚れた空気を吐き出し、きれいな空気を吸うという2つのステップで呼吸をしています。

ですからまず吐くという動作が出来ないと、息苦しさを感じるわけです。全然そのような意図は無かったのですが、今日やってみた呼吸法というのは、息を吸って顔が水の中に入ったら、ずっと鼻から息を出しているというやり方です。

こうしてみると、リラックスして呼吸も楽になりますが、反面、やっぱりパワーは入らなくなります。それに顔を上げて息をしようとする時に、すでにほとんどの空気を吐き出してしまっているので、普通のように息を吐いた反動で息を深く吸い込むというやり方は出来ません。

でも、らくに長距離を泳ぐのには良い方法かもしれません。競技だったらありえない呼吸方法ですが、生涯スポーツとしての水泳をしていくのなら、試してみても良いかもしれません。

また長距離を楽に泳ぐためには、呼吸だけでなく泳ぎ方も大切になってきます。速すぎず遅すぎずのスピードと、リラックスして水の抵抗を減らして、少ない力でよくすすむ泳ぎ方なども重要です。

そしてこういう泳ぎ方は、フィーリングスキーと何か共通するようなものがあります。自分の力はなるべく使わずに、上手く(効率よく)泳ぐことで疲れずに、ずっと泳ぎ続けることが出来ます。

運動の共通性というのでしょうか、興味深い経験が出来ました。

| コメント (0)

2008/10/23(木)トレーニングの成果

1日遅れですが、夕べはいつものようにプールへ行ってきました。水曜日はいつもその後、英会話に行くので30分ぐらいしか泳げませんので、最初に400mくらい泳いでから、個人メドレーと、インターバルというメニューでトータル1600mほど泳いでおしまいです。

しかし、時間は短いですが、毎週1、2回泳いでいるとやっぱり少しずつですが調子が上がってきます。特に昨日はバタフライで50m泳ぐ時にかなり速く泳げるようになりました。

何度も書いてますがバタフライは一番疲れる泳ぎなので、100m泳ぐなんてなったら、本当にゆっくり無理をしないように泳いでます。今までだと速く泳ぐのは25mが一杯一杯で、ターンをするとガクっとスピードが落ちるというのが常でした。

夕べは一回だけですが、かなり全力に近い形で50m泳げました。ただし泳ぎ終わった瞬間は息は絶え絶えって感じでしたが。

プールはそんな感じで、週末は自転車。他の日は犬の散歩というのがいつものトレーニングになってます。

ところで最近は暗くなってくるのが早くなったので、以前に書いた毎日の犬の散歩コースを変更しました。前の道は山林の中の道で元々薄暗く、夕方歩くのには不向きになってきました。

そこで違う方向にある山道を散歩コースに変更しました。ここは山道とは言っても、道路は広く、民家もありますし、数は多くはないもののところどころに街灯もありますので、暗くなっても安心です。

それに何と言っても、坂道の斜度が半端じゃありません。スキー場で言ったら、中斜面くらいの上り道です。斜度で言うと12度から18度くらいでしょうか。ここを早足で15分くらいかけて上るのはかなり良いトレーニングになります。

そんな中で今朝、朝ごはんを食べる前に体重を計ってみたら67kgでした。しばらく前まで70kgを切るか切らないかだったので、かなりの進歩です。それにお腹回りがすっきりとしてきました。

私は元々お腹はそんなに出ていなかったのですが、わき腹から背中にかけての贅肉がたっぷりありました。最近この辺りがすっきりしてきたのが嬉しいです。

元々はダイエットが目的でしていたわけではないんですが、目に見える形で成果が出てくると嬉しいですよね。あとはもっとスキーが上手くなると言うことが無いんですが。

| コメント (0)

2008/10/18(土)軽く調整

夕べのプールは問題なかったんですが、念のため今日は自転車での遠乗りは控えました。天気は良いのですが風の冷たさを感じましたので、いつものトレーニングコースでタイムトライアルでもしようと思い、まずウォーミングアップで軽く走り出しました。

ところが疲れが少しあるのか、いつもほどのパワーが出ませんし、鼻だけでなくて口を使って息をするとのどが乾燥するのか咳も少し出てきます。この状態でタイムトライアルをすると、終わった後で苦しい思いをしそうだと思いましたので、そのまま家の回りをサイクリングペースで走ることにしました。

結局一時間弱を軽く走っての調整という感じになったのですが、重いギヤは使わずに軽いギヤでクルクルとペダルを回す、筋肉の負荷が軽いトレーニングです。家の回りの道路はほんの少しだけアップダウンがあるので、上りは本当に軽く走り、下りでは軽いギヤのままペダルの回転数を上げてスピードを出すということもしてみました。

今日の最高の回転数は135回転/分くらいで、45km/hくらい出ました。でも、これ以上の回転数にしようとすると脚がギクシャクして、お尻がピョコピョコしてしまいます。トラック競技で一流のスプリンターになると、180回転/分で80kmくらいのスピードを瞬間的に出せるみたいですが、このくらいの選手になるとパワーやスピードだけでなく、正確にペダルを回す技術も必要になってくるようですね。

それはともかくとして、いい天気の中気持ち良く走ることが出来ました。

| コメント (0)

2008/10/17(金)プールへ復帰

月曜日から風邪っぽかったんですが、まだ完調とは言わないものの、9割方は大丈夫なので今日はプールへ行ってしまいました。まだ、時々咳が出るので乾燥するような場所はだめなんですが、プールは絶対に乾燥しないので良いだろうと予想していました。結果はやっぱり大丈夫でした。

今日はあんまり無理をしないでと思っていたんですが、泳ぎ始めるといつもと調子が変らなかったので、結局2000mくらい泳いじゃいました。ただし、インターバルは多少しんどかったかなって感じです。

そして最後にはゆっくりでしたが、400m個人メドレーを泳ぎきることが出来ました。今日は何となく、バタフライの水中での正しいポジションがわかったような気がしました。まだしっかりと口で伝えられるほどでは無いのですが、重心をあまり変化させないで泳ぐと、疲れという意味で少し楽なようです。

自分でもっと良くわかるようになったら、また説明してみます。そんなことがいろいろとわかってくると、泳ぐのが楽しくなってきます。例え泳いでいる最中は苦しくても、それが嫌でなくなってくるんですが、元々泳ぐのが好きってことなんでしょうね。

| コメント (0)

2008/10/14(火)お腹が空いて大変

昨日、風邪を引いたみたいで早めに休んだのですが、今朝も快調というわけにはいきませんでした。具合が悪いというほどの自覚症状は無いのですが、鼻水が出るのと、とにかくお腹が空いて困ります。

お昼もいつもよりしっかり食べたのですが、3時ごろになると普段は無いような空腹感に襲われます。私は風邪をひくといつもこうで、いつもに増してお腹が空くのです。もちろん、お腹に来るような風邪の時は別ですが。

特に熱がある時には、一段とお腹が空くのですが、これは熱のせいで感覚がおかしくなっているのかもしれませんね。昨日自転車で走ったおかげで、今朝の体重は68kgに減っていたのですが、風邪のせいでいつもよりたくさん食べて、体重が増えてしまうかもしれません。

それでも、体を直すためにエネルギーが必要とされているならば、それに合わせるのが自然だと思いますし、元気になればまた元に戻るでしょうから。

それにしてもちょっとした風邪くらいでも、体はそれを治すためにいろいろなシグナルを出してくれます。そういう内なる声(私の場合は空腹感ですが)に耳を傾けて、それに従うことにより体調を維持することが出来るのは良く考えると凄いことだと思いますね。

| コメント (0)

2008/10/13(月)不調

今日は体育の日。だからというわけではありませんが、また自転車で走ってきました。今日はあまり飛ばさないようにして、クルージング程度のスピードでの負荷の低い運動とダイエット効果を目的にしました。

しかし、なぜかあまり調子が良くありません。気合を入れればそれなりに走れるのですが、集中力というか気持ちが乗りません。結局70kmを3時間ほど掛けて走ってきたのですが、帰って来てからくしゃみが出たり、鼻水が出たり。

今朝、どうも寝ていて体を冷やしたみたいで、風邪のひき始めだったみたいです。どおりで調子が乗らないわけですね。今も別に熱があるわけではありませんが、今日は早めに休むことにします。

こちらでは紅葉が始まりましたが、まだ少し色づいたくらいで、本格的な紅葉が見られるのはもう一週間くらいかかりそうです。またその時に、綺麗な景色を見ながら走れることを楽しみにしています。

| コメント (0)

2008/10/4(土)八方へ行って来ました

以前から少し距離の長いトレーニングをしたいと思っていたのですが、今日は自転車で八方まで行って来ました。

午前中は妻から庭の植木の手入れを頼まれたので、そちらを終わらせて午後から出掛けました。もう日が暮れるのが早くなってきましたので、6時前には帰らないと気温は下がるし、真っ暗になってしまいます。それでツーリングよりは速いペースで走らないといけなかったんですが、それが後で効いてくることになりました。

調子は結構良くて、緩い上り坂は30km/hくらいで走れました。下りでは40km/hを越えたりしながらいいペースで走ります。白馬までの行きは厳しい上りは無いのですが、全体として上り坂になりますので、ペースを保つのはちょっと大変です。

途中、青木湖の横を通りかかると、午後で少し日が傾きかけていましたので、何とも言えない良い景色でした。合成でパノラマを作ってみましたので、雰囲気だけ味わってください。紅葉が始まればもっと素晴らしい景色になると思います。(写真をクリックすると、大きな写真を表示します。)

Akakiko_2

さて、実は今日の目的地は白馬とだけ定めていました。何故かと言うと、時間の関係で2時間を越えたら帰らなければならないからです。でも、白馬まで来るとせっかくだから八方のジャンプ台を見ていこうと思い、目的地を急遽八方に設定して、なるべく急いで行くことにしました。

ジャンプ台に着いたのは3時20分ぐらいでしたので、帰りに要する時間を考えると直ぐに出発しないといけません。せっかく白馬に来たのだからTOKさんにご挨拶して行きたかったのですが、そんな事情のため不義理はご容赦下さい。

Jump

さて、帰りは基本的に下りになりますから、行きよりは楽です。でも、一箇所難所がありました。佐野坂の上り坂です。しかも、国道では無くバイパスを通ったので、坂の距離が短い分かなり厳しい上りです。加えて行きを飛ばして来たので、足にもかなり乳酸が溜まってしまっていて、ここは一番軽いギヤでゆっくりと上りました。

いくつか続くトンネルも、気持ち上りになっているのですが、風の影響を受けない分、走るのは楽です。そうこうするうちに走行時間が3時間を越えて、お腹が空いて来ました。

実は八方を出るときに、コンビニでゼリー飲料2本を買って飲んできたのですが、それだけでは足りなかったみたいです。木崎湖のトンネルを抜けると、コンビニがありますのでおにぎりや、アンパン。ビタミンCのドリンク等を買って補給して、後はひたすら走るだけです。

自宅から八方までは丁度60km有りますので、6時前に帰るためには平均時速25km/hくらいで走る必要があります。下りでは無理をしない範囲で飛ばして時間を稼ぎます。

足にはもうかなり乳酸が溜まって言うことを聞かなくなっていたのですが、不思議なことに回転数を上げて、90回転/分くらいのペダル速度にすると、何とか走ることが出来ました。

行きはもうちょっと低い回転数で走ることが多かったのですが、そのせいで余計に乳酸が溜まったみたいです。そんな風に頑張って帰ってきたので、何とか6時前には家に着くことが出来ました。家の回りではもうほとんど夜でしたが。

ところで今日はちょっと実験をしてみました。行く前にジャージを着た状態で体重を量ってみたところ69.4kgでした。帰ったら同じ条件で体重を量って変化を見ようと思ったのです。

結果は67.9kg。水も1リットルくらい補給したし、ゼリードリンク3本と、おにぎりとアンパンを補給してもなお1.5kgの減少です。帰った時には少しのどが渇いていたので、水分が結構失われていたとは思うのですが、それでも差し引きでこの差は少しは贅肉が減ったかもしれません。

帰ってから食事の後で体重を量ったみたら、その時は68.8kgでした。ジャージは着ていないので、その分は軽いんですが、いよいよ体重が68kg台に入ってきました。出来たらもう5kgくらい減らせたら、上りがもっと楽になるんですが。

| コメント (0)

2008/10/3(金)ひたすら泳ぐ

今夜は仕事が遅くなって、プールに行くのが8時になってしまいました。その関係でいつもの遠泳コースが水中ウォーキング教室専用になっていたので、自由遊泳コースの端っこの方でこっそりと泳ぐことになりました。

最初はバタフライ以外の泳ぎで400m泳いでから、4泳法×50mずつのインターバルトレーニングです。バタフライは本来の2かき1呼吸ではなく、1かき1呼吸にしました。こちらの方が原理的には遅いのですが、前にも書いたように私は息が長く続かないので、呼吸が楽で疲れにくいからです。

しかし、今日は50分しか時間が無いので、4本終わった時点で残り20分しかありませんでした。そこで次の2本は200m個人メドレーにして、最後は400m個人メドレーにしてみようというプランにしてみました。

2本泳ぎきって時間を見ると、残り7分くらいしかありません。400m個人メドレーはガンガンとは泳げませんので、8分はかかるので残念ながらそこで終わって残りの時間はウォーキングにして締めました。

結局合計で1600mは泳げたのですが、インターバルだけで泳げなかったのはちょっと残念でした。

| コメント (0)

2008/10/1(水)クロールと平泳ぎの不思議な関係

今夜は毎週水曜日恒例の英会話の前のプールでした。先週はプールが休みでしたので、10日ぶりくらいのプールです。

水曜日はゆっくり泳ぐ時間は無いので、何かに集中して練習していますが、今夜は遠泳用のコースが空いていましたので、勢いで1500mに入りました。と言ってもいきなりですから、ゆっくりと泳ぎ始めることに。

陸上だったら軽く散歩をするような感覚です。そしてゆっくりと泳いでいると、徐々に体が温まってくるのか、調子が上がってきて苦しくも無く淡々と泳ぐことが出来ます。

最近、長距離を泳いでいると距離を数えているのを忘れてしまうので、時々プールの時計を見ながらの泳ぎです。私の場合は30分泳ぐと1500mになりますので、そこで止まってみると、まだ2分くらい時間がありました。そこでクロールでさらに100m泳いだ後、平泳ぎで100m泳いでダメ押ししておきました。

ところで私だけだと思うのですが、クロールで長距離を泳いだ後に平泳ぎを泳ぐと、不思議に上手く泳げます。足のキックが実に上手く水を捉えてくれるんですね。平泳ぎってなかなか難しい泳ぎで、足のキックも空振りみたいになって、上手く進めないってことが良くあります。

それがクロールでたくさん泳いだ後は、なぜか上手く泳げるんです。多分、私だけの現象だとは思いますが、その謎をいつか解明したいものです。

| コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »