« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/9/23(火)秋の収穫期

食欲の秋になって、いろいろなものの収穫期ですね。私は今日は実家の稲刈りでした。

このところ雨が続いていましたので、湿田の多い実家の田んぼはぬかるんだ所も多いのですが、今日は比較的水はけの良いところを刈りました。刈ったと言っても私の仕事は機械で刈れない隅の手狩りと、「はぜ」と言って刈った稲を天日干しにするために棒を組んだ物干しのようなものを作って、それに稲を掛けるというのが主な仕事でした。

この「はぜ」なんですが、上手く組まないとちょっと押しただけで倒れてしまいますので、後で余計な仕事が増えてしまいます。しっかりと足を地面に押し込んで固定して、その後で鉄棒みたいに乗ってみて、がっちりと出来ているか確認します。よその家では精度が良いのか、強度確認なんかしませんが、家の場合は結構「はぜ」を倒してしまうことがあるので、慎重にやっています。

今日の天気は朝の内は曇りで過ごしやすかったんですが、午後には天気が良くなって暑かったです。それでも作業ははかどりましたが、後には水のついた田んぼが一つとちょっとくらい残っています。

その内のいくらかは機械が潜ってしまうので、手刈りをしないといけないので、面積で言ったら本のわずかでも手間は何倍もかかります。この後、なるべく良い天気が続いてくれると良いのですが。

| コメント (0)

2008/9/20(土)雨との追いかけっこ

そろそろ実家では稲刈りを始めるころなのですが、夕べの雨で今日は出来ませんでしたので時間が出来ました。それで午後から白馬へ自転車で行こうと思い出掛けました。

ところが、池田町に入る手前で突然大粒の雨が降り出しました。万一のためにウインドブレーカーを持っていたので直ぐに着て、西に向かって進路変更して豊科方向へエスケープしました。

2kmほど走ると雨は止んでしまいました。そのうちにまた雨が降り出すだろうと思って、家に帰る方向へ走りましたが、直ぐに帰っても走る時間が少なすぎるので、直接は帰らず国道19号へ出て、松本市内へ向かいます。

ところが市内を走っていると、また小雨が降り出しました。大したことはないのですが、多分このあと強く降ってくるだろう思いもう帰ることに。先ほどの雨のことも考えると、どうも今日は山沿いで雨が降っていたみたいですね。

本格的に降り出す前に帰らないといけないので、雨との追いかけっこみたいになりました。結局、家に着く直前に強い降りになってきましたが、短時間でしたのでそれほど濡れずに済みました。

時間で言えば1時間半ほどでしたが、もう少し走りたかったですね。

| コメント (0)

2008/9/19(金)自己記録

今夜もプールに行って来ました。タイトルの自己記録とは何かと言いますと、いつもは25mずつか、50mのインターバルを4セットやるのですが、今日は50mのインターバルを8セットにしてみました。

50mずつ4泳法で泳いで1セットで200m。それを8セットなので合計では1600mです。さすがにいつものようなペースでは続かないので、30秒のインターバルではあるんですが、泳ぐペースは落としました。

特にバタフライはゆっくりと、無理せずに泳がないと後が続きません。ただ、ゆったりと泳ぐと呼吸の間が開くのでかえって苦しくはなります。バタフライで疲れた体を呼吸が楽な背泳ぎで回復させて、平泳ぎはしっかりと泳ぎ、最後はクロールでペースを上げて締めるといった感じです。

バタフライの番になる度、気が重くなるのですが、何とか7本まで終わってふと時計を見ると、営業終了時間の5分前です。このペースだとインターバルでは時間内に終わりません。

それで最後は200m個人メドレーで締めでした。8本目のバタフライはきつかったです。でも、バタフライの選手は1日に何千メートルと泳いでいるのでしょうから、それに少しでも近づきたいものです。

来週はたまたま私の行ける日がプールの休みですので、再来週以降で調子が良い日に、100mや200mのバタフライに挑戦してみようかな、と思っています。

| コメント (0)

2008/9/18(木)簡単で効果のあるトレーニング

今はスキーのオフシーズンですが、今年、私は例年に無くオフトレというよりも自転車や水泳を楽しんでいます。特に自転車には週一ですが、去年と比べても乗る回数は多いです。

でも、個人的にダイエット効果や基礎体力アップに効果があるのが、犬の散歩じゃないかと思っています。なぜかというと、以前自分の家でも犬を飼っていたのですが、ただ自転車に乗っているより、犬の散歩をして自転車にも乗っていた時の方が、ダイエット効果があったのです。

今年も同様で、毎日の犬の散歩に加えて、水泳や自転車をやっていることで相乗効果が出ているのではないかと思っています。もちろん、犬を飼っていない人は普通にウォーキングで良いと思いますが、ただ歩くのではなくて、坂道ウォーキングをしてみたらどうかと思うのです。

その理由として、平坦な道を歩くのはカロリーを消費しますし、有酸素運動ですから体にも良いです。それに加えて坂道を歩くとより負荷が掛かりますから、心臓や呼吸器系を鍛えるのが容易になります。

もちろん、普段あまり運動をしていない人が坂道を歩いたりすると、心臓バクバクで大変だと思います。無理はいけませんので、距離を短くしたりペースを落としてゆっくり歩くなどをしたら良いと思います。

しばらく続けて体が慣れてきたら、少しずつ負荷を増やしていきます。私もそうなんですが、最初は坂道を登って歩くのは結構大変でしたが、今では相当な坂でも速足で登ることが出来るようになりました。

もちろんそれなりに苦しいですが、体が登坂モードになった感じで、意外といけてしまうのです。平野部では近所に坂道なんてほとんど無いというところもあるでしょうが、坂道のある人は試してみてはいかがでしょうか。

| コメント (0)

2008/9/17(水)ダイエットには逆行

先週、「ダイエット進行中」と書いたのですが、今週はダイエットには逆行するように、いつもよりも多めに食べていました(過去形です)。そのせいか体重も800gくらい増えました。

理由は先週の土曜日にやった自転車でのタイムトライアルが、結構体には負担だったみたいで、軽い筋肉痛が出ていましたので、体を回復させるためには栄養が必要という考えでちょっと多めに食べていたというわけです。

良く、練習をすればするほど強くなると思っている人がいるようです。特に日本人にはそういう人が多いと思います。私のお世話になっているサイクルショップの店長(世界選手権の出場経験者)に言わせれば、「筋肉は使うと壊れて回復する時にさらに強くなる。でも、休まなければ回復する間が無い。」だそうです。

前置きが長かったですが、体が回復してきましたので、今夜も恒例の水曜日のプールでした。毎度のことながらその後に英会話に行きますので、30分くらいの時間しか取れません。

今夜は遠泳コースが空いていましたので、最初にバタフライ以外の泳ぎをちゃんぽんにして1000mを続けて泳いで、その後に200m個人メドレーで締めました。最初のバタフライが50mをまともに泳げるようになってきました。今まではここでヘロヘロになって、次の背泳ぎで休んでという感じでしたので。

毎週、少しずつでも泳いでいるので成果が出てきているようです。これからも体を壊さないように、適度に休みを入れながら楽しく続けて行こうと思います。

| コメント (0)

2008/9/13(土)上りのタイムトライアル

先週の上りでの走りの感じが良かったので、上りのタイムトライアルとしようと思っていましたが、時間がかかるコースはちょっと無理なので、塩尻峠で挑戦してみました。

塩尻峠までは40分くらいかかりますので、ウォーミングアップを兼ねて最初はゆっくり、そのうちに上りを少し踏み込んで走ってみるなどしながら、余力を残した状態で峠のふもとに到着。

ここでサイクルメーターをリセットして、信号が変るのを待ってスタートです。ちょうど「桟敷」という信号があるのですが、ここがスタート地点です。距離は9km弱。目標タイムは久し振りに30分を切るというのを設定してみました。距離からして、平均時速を18km/hで走れば良いわけです。

さて、最初は塩尻インターの入り口まで緩やかな上りですので、ダンシング(立ちこぎ)で30km/hを越えるスピードを出してタイムを稼ぎます。しかし、ちょっとメーターから目を離していたら、メーターが止まっていた時間があったみたいです。

後で走行距離を見て補正をすることにして、そのまま走って行ったのですが、先週と同じように前のギヤが大きいままで走り続けることが出来ました。これは峠の後半まで持ちましたが、最後になって疲れが出てきたので、前のギヤを小さいほうにチェンジ。我慢の走りです。

塩尻峠は平均的な斜度は、せいぜい5,6%くらいではないかと思います。斜度には少し緩急がありますので、きつい上りは頑張って、逆に少し緩いところはペースを落とさないようにしながら、少し休むという感じで最後までペースを維持できるようにと思っていました。

それにしても、ここ最近には無かったペースの走りで、目標の30分切りがかなり可能性が高くなり、上りですから体はきついのですが、内心ニコニコして走っていました。

途中スピードが14,5km/hに落ちてしまった時間もありましたが、最後はラストスパートで少しでもタイムを稼ごうともがいてフィニッシュ。暫定タイムは26分2秒でした。しかし、表示されている距離を見ると、700mくらい少なくなっています。

スタート時点は30km/hで走っていましたので、これを補正するとプラス1分24秒くらいというところで、トータル27分26秒くらいではないかと思います。ここでの自己記録は10年くらい前に作った24分42秒というもので、それにははるかに及ばないものの、最近の中ではダントツの記録です。

前回諏訪湖まで行った時に、この峠のタイムが31分25秒でしたからそこからは4分の更新です。ただし、走っていて感じたのは、自己記録にもっと近づくためには体重を落とさないとダメだろうということです。

上りでは自分と自転車の合計の重さが負荷の大きさになります。昔は今よりもさらに5kgくらい体重が少なかったのですが、平均斜度を5%としても、ペダルにかかる力は250gも違うという計算になります。

今日は比較的涼しかったので、水のボトルにはそんなに水は必要無いと思って、100gくらい途中で捨てたのですが、実際に走っていると捨てた瞬間に違いが体感出来るほどでした。

上りでのタイムアップのためにダイエットするなんてことは、ちょっとやりすぎという気もしますが、運動しながら少しずつ落とすことが出来たら、またチャレンジしてみたいと思います。

こうやってみると、多少年齢を重ねたとしても体力は意外と落ちないものなんですね。さすがに若い時に比べると全く同じとはいきませんが、トレーニングをすることで、かなり維持出来るという感じです。

無理は禁物ですが、スキーだけでなく、自転車や水泳も生涯スポーツとして楽しんでいきたいと思います。

| コメント (0)

2008/9/12(金)さすがに疲れた

今夜はプールに行ったのですが、前半は50mのインターバル4泳法×4セットで800mと、個人メドレーで200mを泳ぎました。やっぱりバタフライは泳いでいてきついですね。歳を感じます。

後半は遠泳用のコースが空いていましたので、久し振りに続けて1500m泳いでみることにしました。このところ泳ぐ時間が30分とか40分くらいだったり、たまに時間があっても速い人がガンガン泳いでいて、一緒に泳ぎにくかったりしていたので、長い時間続けて泳ぐことが出来ていませんでした。

今日はゆっくりとペースを保って泳ぎましたので、そんなに疲れずに泳ぐことが出来ました。ただ、以前の調子の良かった時に比べると、スピードの乗りがイマイチですが、体力をつけるという意味では速度よりは長時間泳ぎ続けることが大切と割り切っています。

約30分で泳いで帰って来ましたが、大丈夫なようでいて、久し振りに2500m泳いだものですから、帰って風呂に入ったらさすがに疲れが出てきて直ぐに寝てしまいました。それでこのブログは翌日の更新です。

| コメント (0)

2008/9/10(水)ダイエット進行中

今日は水曜日で英会話があるのですが、いつものようにその前にプールへ行って来ました。今日はインターバルトレーニングや個人メドレーなどで合計で1300m泳ぎましたが、調子はまずまずでした。

最近は自転車は週一だけですが、犬の散歩は3~40分、週2回プールという感じで運動してます。その成果か、去年に比べて3kgほど体重が減って、体脂肪率も19%くらいになってきました。

無理にダイエットしているわけではなくて、好きな運動をしながらやせたらラッキーくらいのつもりなので、続いているのかもしれません。不思議なもので、体重が減ってくると食べる物にも気を使って、自然と夜も食べ過ぎたりしないようになります。体がそういう流れに反応しているのでしょうか?面白いです。

私は自分自身の容姿などはあまり気にするほうでは無いのですが、少し痩せてきて嬉しいことは、わき腹から背中にかけての贅肉が落ちてきたことです。自分の体で一番気になっていた部分です。

おかげで数年前に買ったズボンで、もともとウエストがきつかったものが丁度良くなりました。逆にしばらく前に買ったジーパンはベルトをしないと、腰パンどころか膝パンになってしまいます。

体型を維持しないと、着るものにはお金が掛かってしまいますね。しかし、これがなかなか難しい。こんなことを言っていますが、冬場になると防寒対策で脂肪を溜め込みそうな気がしています。スキー場は寒いですからね。

| コメント (0)

2008/9/6(土)風など無くても

今日はこれから長野へ出かけなければならないので、朝いつものトレーニングコースを走りました。今日はガンガン走るつもりはなく、ほどほどの練習が出来れば良いとおもっていました。

ところが走り出してみると、曇り空で気温も低いおかげで結構調子良く走れました。この間のように追い風の助けはありませんでしたから、最初は飛ばせませんでしたが、上りに入ってからペダルを漕ぐのに今までに無くパワーを感じました。

いつもは前のギヤをインナーと言って、小さい方へ落とすのですが、今日は気がついたら途中までアウターの大きいギヤで走ってました。これでちょっと色気が出てきて、上りのタイムを短縮出来れば総合タイムも短縮出来るのではないかと思い、俄然やる気が出てきました。

緩い上りでは30kmオーバーのスピードを出しながら、一番きつい坂を上ってからは、インナーギヤを使うことも無く、私にしてはかなりいいペースで走れました。中間点ではこの前よりも少しだけ時間が掛かったみたいですが、下りをガンガンと飛ばして次のダラダラ上りに入ります。

ここからもなるべく30km以上をキープしたいと思いましたが、微妙に落ちたり上がったりをしながら走り続けました。

そして国道に入りここが一番飛ばしてタイムを稼げる所になります。いつもなら軽く50km/hは越えるところなんですが、残念ながら少し向かい風があってスピードが伸びませんでした。実はここでのタイムロスが後で致命傷になったのでした。

残りもスピードメーターを見ながら、なるべく速い速度を維持しながら帰って来ましたが、トータルタイムは1時間12分43秒。惜しい!先週の記録に2秒だけ足りませんでした。

先ほどの向かい風が痛かった。でも、往路で追い風に助けられなくても、いいペースで走れたことは嬉しかったです。

毎日、犬の散歩をしながらのヒルクライムや、水泳などで少し心肺能力や持久力がついてきたのかもしれません。それと少しだけですが体重が落ちたことで、上りでのタイムアップに役立ったのだと思います。

そろそろ実家の田んぼの手伝いをしないといけない時期になって来ましたので、しばらく自転車に乗れなくなるかも知れませんが、出来ることを続けていきたいと思います。

| コメント (0)

2008/9/5(金)久々に足がつりそうに

今夜もプールに行って来ましたが、少し混んでいましたので、前の人との間隔を空けながらの泳ぎになりました。

最初は連続で100mずつクロールと平泳ぎで泳いでから、インターバルトレーニングの開始です。混雑がありますので、今夜は25mのインターバルです。

本当は20秒間隔で泳ぎたいのですが、他の人が来てしまうとしばらく待たなければなりません。その代わりに泳ぐ時はほぼ全力です。4つの泳ぎを一本ずつの、計100mを一つのサイクルにしていますが、25m泳ぎ終わった瞬間はホント、ぜいぜいと息が切れます。

インターバルを4本終えた後、これで600m泳いだので、最後に1000m続けてクロールで泳ごうと思いスタート。ところが200mを過ぎた頃から、何か足の土踏まずの辺りから違和感が・・・。

クロールのバタ足というのは、足ひれのような複雑な動きもしますし、疲労も来ていたのかもしれませんが、痙攣が起きそうな感じがします。放っておくと直ってしまう場合もあるので様子をみましたが、次のターンをしたら、さらに違和感が出てきたので、本当に痙攣を起こす前に止まって、足裏のマッサージをしました。

最初は足裏がつるような感じになって、段々とふくらはぎが痙攣する、いわゆる「こむらがえり」になってしまうと、歩けなくなってしまいますし、直ってもしばらくふくらはぎに違和感が残るんですね。

幸い何とか直りましたので続きを泳ぎましたが、お陰であと50mというところでタイムアップ。プールの終了時間となってしまいました。

でも、本当に痙攣にならないで良かった、だってとっても痛いんですから。

| コメント (0)

2008/9/3(水)人の下を泳ぐ

先週は忙しくてプールに行けず、雨が降って自転車にも乗れませんでしたので、久々の更新になります。

今夜は英会話に行くために、父の家から車を走らせておりましたら、弟から電話があって知り合いが入院したので、一緒に見舞いに行ってくれと連絡が来ました。

それで、英会話はパスしてお見舞いに駆けつけたのですが、その後まだプールの営業時間でしたので、泳ぎに行くことにしました。

今夜はプールが混んでいて自分のペースで泳ぐのは無理でしたが、遠泳コースが比較的空いていましたので、そちらで泳ぐことに。クロールで100を2回ほど泳いで、次は平泳ぎで泳いでみましたが、前回泳でから少し間が空いたのが、かえって幸いして調子が良いです。もう一度クロールで泳いでから、また平泳ぎに。

その時は前にクロールで泳いでいる人がいたのですが、練習のためにわざと片手だけのクロールをしていました。片手だとバランスも取りにくいので、平泳ぎでも追いついてしまい、前の人の後を追うようにターンしました。

みなさんもオリンピックで、北島康介選手のスタートやターンの後の水中動作を何度も見たと思います。今のルールでは、水中でそれぞれ一回ずつだけ、ドルフィンキックのようなあおり足と、腕と足の掻きが許可されています。

私も選手ではありませんが、一応それっぽく動作を真似て泳いでいます。さて、この一連の動作をこなして水上に浮かび上がった時に、前を泳いでいた人が消えてしまいました。

ターン後の水中動作では、ストリームラインと言って抵抗を受けにくい姿勢をとるため、プールの底を見ているので気がつかなかったんですが、どうやら水中で前の人を追い抜いてしまったようです。

深さの違う水の中を二人で同時に泳ぐなんて、意識しないで出来るとは思ってもみませんでした。それで思い出したのですが、以前にも前の人が遅くて詰まってしまったときに、このときは意識してターン後に潜水して追い抜いたということを一回だけしたことがありました。

今日は無意識でしたが、たった1mしか深さが無いプールで、なんとも奇妙なことをしたものですね。

さすがにその後はそんなことは無くて普通に泳ぎましたが、次に個人メドレーをしていた時は、背泳のペースが遅かったので、その人に追いつかれてしまいました。さすがに今度はコースを譲りました。

そんなわけで私はまだまだスキーモードとは程遠く、水泳と自転車を楽しんでいます。

| コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »