« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/5/26(月)年齢による限界

今夜、たまたまテレビをつけていましたら、BS2で「バック・トゥー・ザ・フーチャー」をやっていました。私、この映画大好きでDVDも全部持っているのですが、やっぱり見てしまいました。

音声は英語で字幕が入っていましたが、昔見たときよりも英語が聞き取れて、自分でも驚きました。もちろん、全部英語でわかるわけは無く、特に早いところの聞き取りは難しいですが、思いもかけなかった単語が聞き取れたりして面白かったです。

その言葉は「slacker」と言って、「怠け者」というような意味がありますが、先週の英会話で習ったばかりの単語でした。いくら聞いても知らない単語は聞き取れないわけですから、単語を覚える努力をしていくことにより、英語が聞き取りやすくなるということを身をもって知りました。

人間の脳というのは私たちが思っているよりもはるかに素晴らしいもので、特に歳をとると脳がどんどんと衰えると思いがちですが、一方で鍛えていればいくつになっても頭は良くなると言われています。

スポーツも同じで、スキーや水泳といった無理をしないでも出来るものは、いくつになっても楽しむことが出来ますね。

人間の限界を決めるのは、絶対的な能力によるものも確かにありますが、「自分には出来ない」って考えてしまうことにより、本当の限界よりもはるかに低いところで出来なくなってしまいます。

人間の持っている可能性を信じて挑戦する気持ちを持ち続けて、自分の能力が伸ばせるということを感じることが出来たらすばらしいと思います。

ただし、くれぐれも無理はしないようにお願いします。

| コメント (0)

2008/5/22(木)しろくまさんのブログより

先日、FSSのしろくまさんがご自身のブログで、コブ斜面においてブーツにフロントスポイラーを装着して硬いブーツにして滑った場合と、スポイラーの無い状態で滑った場合の検証についての記事を書いてくれていました。

コメントで、ぜひその比較ビデオを作って下さいとお願いしておきましたら、先日のかぐらの映像をアップしてくれました。

http://shirokuma-ski.blog.so-net.ne.jp/2008-05-21

TOKさんからもコメントが入っていますが、かなりの違いがあるのがおわかりいただけると思います。スポイラーのある方の滑りの方が、斜面移動により雪から効率良く抵抗をもらうことが出来ていて、スキーがきちんと回ってきています。

滑り自体も自分から仕掛ける必要が無いので、安定していますし、スピードコントロールもしやすいハズですね。

皆さんもぜひ参考にして下さい。

| コメント (2)

2008/5/20(火)初英語チャット

私のSkypeに英語のメッセージが入りました。誰かと思ったら、知り合いのハワイから来た人でした。彼女は日本語がペラペラなんですが、私が少し英語が出来るのを知っていて、メールなどは英語で書いてくるのです。

そのまま英語のチャットが始まったのですが、実は私、英語のチャットは初めてです。会話よりは少しましですが、メールと違って素早く文章を入力して送らないといけないので、結構大変ですね。

また、送った後のメッセージを見ていると、タイプミスや文法の間違いなどがあって、冷や汗がでます。そういうのは自分としては恥ずかしいんですが、でも印象が強いおかげでしっかりと覚えますね。

ちょうど今日、和英辞書を買ったのでちょうど良いタイミングでもありました。言葉は習うより慣れろですから、上手く行かなくてあせりもしましたが、良いトレーニングになりました。

| コメント (0)

2008/5/12(月)スキー選び

本日、シニアの方からメールをいただきました。スキー選びについて私が試乗したことのあるスキーについての質問でした。

K2 STRYKERやHOTROD、AMC873などについてお答えしましたが、スキー選びというのは楽しいですね。ただ、人それぞれに好みがあるので、ある人の選んだスキーが必ずしも他の人にとってのベストでないというのは面白いところです。

私はレスポンスの良いスキーが好きですので、FISCHERのPROGRESSORをナンバーワンにしていますが、STRYKERのようなどっしりとしたスキーが好みという人も多いですね。

基本性能の良いものは誰が乗っても同じとしても、それが好きか嫌いかという話になるとまた話は別になります。ですがむしろそこが面白いところです。

それに加えて前にも書いたように、私はあまのじゃくですから人の使っているスキーは使いたくないです。

ところでファットスキーは滑走面が真ん中が低くなるコンケープ状態のものが多いですが、この辺の作りの良いのはVOLKLのスキーだそうです(実際にチューンナップで何千台というスキーを手がけている人に伺いました)。

また、子供のスキーなどでも3万円くらいのものと、大人用と同じように作ってあるそうです。子供用のスキーはビンディングを留めようとして、4つのビスの内1個がバカになってしまうような板もあるのですが、VOLKLに関してはそんなことは無いそうです。

滑走フィーリングとはまた別の次元の話ではありますが、ファットスキーや子供さんのレース用のスキーなどを買いたいという人は、第一候補にすると良いと思います。

原油の値上がりの影響で、来シーズンはスキーやブーツの値段が上がりますので、シーズンオフの間に自分に合う用具が見つかるなら、今の内に買っておくのは良い選択だと思います。

もちろん、気に入ったものが無いのに無理に買う必要はありませんが。

いずれにしてもスキー選びは楽しいものですね。私も来シーズンはブーツを新調したいと思っていますが、なかなか難しい足をしていますのでどうなることやら。

| コメント (2)

2008/5/10(土)ようやくお休み

ここしばらくブログの更新が滞りまして済みません。ゴールデンウイークが終わってからも、仕事の合間にちょくちょく田んぼに行って泥と格闘して、夜は英検受験のために勉強などしておりましたら、疲れが溜まってブログを更新するどころではありませんでした。

今日は雨も降っていますし、久し振りに肉体労働も無くリラックス出来そうでが、完全休養ではなくて、趣味と勉強を兼ねて長野に行って来ます。

英検まであと一ヶ月ですが、こちらの方は短期間で実力が急に上がるものではありませんので、重要な単語や熟語を覚えたり英文を読む等をしています。

私だけではないでしょうが、英語の読む書く聴くはそこそこ出来るのですが、話すのが苦手なので、2級でも二次試験の面接にはちょっと不安があります。

今日は日系ハワイ人の人(日本語ペラペラ)も来るので、少し会話の練習をさせてもらおうと思っています。

| コメント (0)

2008/5/6(火)栄養、水分補給

ここ3日ほど、実家の田んぼの手伝いで泥まみれになってました。田んぼに肥料を撒いたり、代かきの後をならしたりという肉体労働です。

運動はしていても、1日肉体労働というのは普段していません。とにかくのどは渇くし、おなかが空きます。

それに関連して、この辺には「お小昼」という言葉があります。10時や3時のお茶の時間に、お茶やお菓子だけでなく、お饅頭だったり、煮物や果物などのようにもっとカロリーのあるものを取ることで、小さな食事というような意味合いです。

以前からこの時期は田んぼで働いていましたが、父もあまり仕事が出来なくなってきましたので、今年のように朝早くから働くのは初めてと言っても良いと思います。

朝から肉体労働をしていると、10時ごろにはお腹が空いてきます。「なるほど、こんなに働いたら、お小昼を食べないと体が持たないわけだ」と身をもって実感しました。昔の人は本当に良く働いていたんですね。

肉体労働してお腹が空いても食事の時間まで何も取らないと、ダイエットになってちょうど良いと考える人もいるかもしれませんが、これは結構大変なことになります。

実はお腹が空いたと感じ始めた時点で、既に低血糖状態になっています。また、唇が乾いてきたと感じたら、既に脱水症状が起こっています。こういう状態になってしまうと、何かを食べたり飲んだりしても直ぐには回復しません。

ツール・ド・フランスなどの自転車のロードレースを見ていると、走りながら水分や食事を取っていますが、そうでないと絶対に完走できないからです。

春スキーなどでは気温も高いのでのどが渇きますし、汗で塩分が失われたりしますので、スポーツドリンクなどで補給をすることが大切になってきます。

低血糖で脳の働きが落ちて判断力が鈍ったり、脱水症状で血液が濃くなって血栓が出来たりという風に思わぬことも考えられますので、気をつけて下さいね。

| コメント (0)

2008/5/4(日)体脂肪計

このところ家から離れていましたので、あまり体脂肪計付きの体重計に乗ることがなかったんですが、昨日久々に測定してみました。

そしたら体重はあまり変わっていないのに、体脂肪率は20.1%まで下がっていました。お風呂から上がった直後で髪も濡れていたりしたので、数値が良くなったんでしょうが、以前は25%以上ありましたので、大分改善されたと思います。

水泳や自転車などの有酸素運動を定期的にしているのが、効果が出てきたのかもしれません。

何を基準に測定しているのかわかりませんが、基礎代謝も少しですが増えてきました。そう言えばこの間ジーパンを買ったんですが、今まではウエスト31インチだったのがそれでは緩くて、30インチのものを買いました。

もともとジーパンは普通のズボンに比べてウエストの細いものを買いますから、それだけで安心出来ませんが、メタボに関しては外見上は心配の無いレベルになってきたのかも知れませんね。

でも、実際には大切なのは血液検査ですから、また今度検査をしてもらって、中性脂肪やコレステロールを調べてもらおうと思います。

私は体質的に中性脂肪やコレステロールの値が高くなりやすいので、年齢的にも注意が必要になってきています。

元気でいつまでもスキーが楽しめるように、健康にも注意していきたいと思います。

| コメント (0)

2008/5/1(木)自分の母親のような人

今日は実家の近くの家に不幸があり、葬儀の打ち合わせのために夕方出掛けました。本当は家の父が呼ばれたのですが、父は足が少し不自由になってきたので、私が代わりに出掛けました。

そこで裏の家のおばさんに会ったんですが、その家の息子とは同級生でしたし、私の母はもう亡くなって久しいので、私にとっては母親のような人です。

家の父は頭はしっかりしているとは言うものの、記憶力などは大分怪しくなってきていますが、そのおばさんは見かけこそお年寄りになりましたが、話しているのを聞くと若い頃と全然変わりません。

よく、歳をとってもしっかりとしている人のことを「かくしゃくとしている」といいますが、おばさんにはそんな言葉自体が失礼と思うくらいです。

帰りはもう暗くなっていましたので、私は一足先に家に帰ってから、車を持って来ておばさんを家まで送りました。

私の母が短命だった分、おばさんには長生きしてもらいたいです。

| コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »