« 2007/5/17(木)最近運動不足です | トップページ | 2007/5/19(土)ブーツのお話 »

2007/5/18(金)出来るようになるまで練習する

昔と言っても7年前、私がスキーを始めて2年目の話です。1年目にパラレルターンが出来るようになっていましたが、前にも書いたように左右のターンの差に悩んでいました。右ターンで、内足を持ち上げるようにして無理やり曲げないとダメだったんですが、それを解消してくれたのが、あさひプライムのスクールの先生でした。

同じ話の繰り返しになりますが、あさひプライムスキー場は最大斜度12度の緩斜面の次が、20度の斜面になります。中級者がレベルアップするには、斜度の差が大きすぎるんですね。

それで上の斜面に行った時には、ターンの左右の差が出たんですが、それに対して「無理に曲げようとしないで、必ず曲がるから曲がるまで待っていなさい」というアドバイスをもらいました。

そうやってみると、ターンの始動は左ターンよりは遅くなるものの、ちゃんと曲がることが出来るんですね。結局、人間の出来ることは、スキーが仕事をしやすくするだけのことで、スキーは勝手に(というとちょっと語弊がありますが)曲がってくれるというわけです。

では、スキーがきちんと仕事をしてくれるのに必要なことはなんでしょうか?私の場合は外足にきちんと乗り込むことでした。「曲がるまで待つ」で曲がることは出来るようになりましたが、それに加えて右ターンでは体が山側に逃げてしまったんですね。

それで、きちんとスキーに荷重が出来なかったというわけです。その時やった練習が、両方のストックを広げて自分から出来るだけ遠いところに付けて、雪面から離さないように滑るということです。

あさひのスクールで習った翌週、鹿島槍に行って中斜面でその練習をしました。みんなが普通に滑っている中で、一日中両ストックを雪面につけたまま滑っていました。この姿勢だと絶対に山側に体が逃げるということはありません。ターン中は谷足にしっかりと荷重が出来るようになりますから、スピードコントロールもしやすいです。

それに加えて前の週に、スピードコントロールするためには、ターンをしっかり仕上げてから次のターンに入るってことを教えてもらってました。ターンをしっかり仕上げるというのは、ターンの最後を切り上げてスピードを落とすということです。

それを極端にやったらTOKさんのホームページに出てくる、∞ターンになりますね。前の週にコツを少し掴んでいたものを、集中して1日滑りましたからかなり出来るようになり、中綱ゲレンデに下りていく一本ブナダウンヒルコースも降りられるようになりました。

この出来なかったものが出来るようになるってのは、とても楽しいですね。特に始めて直ぐは毎回の進歩の度合いが大きいですから、楽しくて1日滑っていても飽きませんでした。上達するに連れて、だんだんと進歩度合いが少なくなりますが、それでも集中して滑ることによって、少しずつでも進歩します。

もちろん、時々スクールなどで見てもらわないと、自分勝手な癖が付いてしまうことがあいrます。その年は1日スクールで習う、次の週はよそのスキー場で色々な斜面を練習するということを繰り返していました。

今から思ってもあの頃は楽しかったです。でも、難易度の高い斜面を滑るのはまだまだでしたね。それにはまた随分時間がかかりました。その話はまたいずれの機会に。


« 2007/5/17(木)最近運動不足です | トップページ | 2007/5/19(土)ブーツのお話 »

コメント

お早うございます
FS関係者で毎日ブログを更新されるのはSyriusさんだけで
楽しみに拝見させて頂いてます。TOKさんも時々お休み、私は一応
日課として毎日更新してます。

今日の内容もごもっともですね。出来るまで練習、継続は力なり、
でも途中で言い訳を作って出来ないからと諦めてしまう。
辛抱して練習してると或る時に突然出来るようになって感激の
瞬間を味わえるのに。 これはスキーに限らず何にでも当てはまり
ますね。子供の教育なんか特にそう思います。

今日はあいにくの雨で月山行きは止めました。

投稿: MASA | 2007年5月19日 (土) 09時52分

MASAさん、ありがとうございます。
いつも右肩上がりに上達できれば良いんですが、技術的に停滞することもありますね。フィーリングスキーで色々な斜面を楽しみながらすべることで、停滞期もスキーから興味を失わずにいられるのではないかと思います。努力も楽しく、といけたら一番良いんじゃないかと思います。

投稿: Syrius | 2007年5月19日 (土) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007/5/17(木)最近運動不足です | トップページ | 2007/5/19(土)ブーツのお話 »