« フィーリングスキー体験その1 | トップページ | 子供に教えるスキー その3 »

フィーリングスキーとの出会い

みなさん、はじめまして。Syriusといいます。このブログを見た人の中には、フィーリングスキーって言葉を初めて聞く人も多いのではないかと思います。

これはFeeling(感じること)とSki(スキー)を合わせた造語で、簡単に言えば人間の持っている感覚をフルに使って滑るスキー、と思ってもらえば良いと思います。でも、見た目の滑り方が、フィーリングスキーとそうでないものと大きく違うわけでは無いんです。

フィーリングスキーの特徴と言うのは、足裏や皮膚を通して感じる触覚や筋肉の反応、滑る音に対して聴覚など色々な器官を通して感じて滑るということを意識することにより、身体がリラックスして雪質や斜度の変化などに対して、自然に反応してくれるということですが、詳しいことはまた少しずつ書いていきますね。とりあえず自己紹介を兼ねて、私とフィーリングスキーとの出会いについて紹介したいと思います。

私は今日現在45歳ですが、スキーを始めたのは遅くて、37歳の冬でした。2シーズン目に、小回りがまだ上手く出来なかったので、「小回り」と「スキー」をキーワードにして、インターネットを検索していた時に出会ったのが、このフィーリングスキーの提唱者で、私の師匠のTOK先生(以下、TOKさんと呼ばせてもらいます)のホームページだったんです。(現在のURLは、http://olss.jpski.com)

このページには、TOKさんの日々の生活やスキーレッスンの中での経験を記した日記、スキー技術Q&Aなどのたくさんのコンテンツがありました。フィーリングスキーはどんなものかというのは、実際にTOKさんに雪の上で何度も教えてもらうまではあまり良くわかっていなかったのですが、スキーは大好きだったので、毎日のようにホームページは見ていました。

昨年までTOKさんは30数年に渡って、白馬の某スキースクールに所属して活動していたんですが、今シーズンはスクールを離れて、jpSKIというスキー連盟などの他の団体から独立したスキークラブを活動の母体とするようになったんです。

現在のjpSKIにはTOKさんに賛同する、百数十人ものメンバーがいます。まだTOKさんがスキースクールに所属していた去年から、レッスンをキャンプ形式にしてなるべく多くの人のレッスンが出来るようにしてきたのですが、現実問題としてTOKさん一人では、レッスンを希望する人たちをまかないきれないという問題があって、教師として働ける人間の育成が急務になってきた、とTOKさんは感じていたようです。そのため、今シーズンより、Rookie Academyというプログラムを始められました。

これは、TOKさんと同じようにフィーリングスキーの考え方を元にレッスンをする教師を育成していくプログラムです。今シーズンすでに私を含めた14人が、このRookie Academyを卒業して、フィーリングスキーの教師として活動を始めるようになりました。

私もjpSKIではまだレッスン経験はないんですが、所属するSAJのクラブでのジュニア育成のプログラムでは、子供相手のレッスンにこのフィーリングスキーを応用出来ないかということを課題にして色々と試してみています。そんな現場での話もまた少しずつ紹介していきますね。

今、私が目指しているのは、スキーに行ったらきれいに整地された斜面だけでなく、山ごと楽しむということが一つです。また、自分自身の年齢のこともあり、シニアや女性、子供といったパワーで滑るスキーがしずらい人たちが、体のかかる負担が少ない楽な滑り方がいかに出来るかってことなんです。

実はこのあたりのことは、TOKさんの目指している「生涯スキー」とも一致していて、今の私の大きな目標としています。

もう一つ教師として思っているのは、私がスキーを始めたころ経験したことなんですが、先生が見てくれていると、不思議と安心感があって、普段一人だったら怖くて滑れない斜面が何とか滑れてしまったりすることがあるんですが、今よりワンステップアップしていくお手伝いが出来たら良いなあってことなんです。

次回よりフィーリングスキーについての色々な経験を書いていきたいと思いますが、少しでもこのブログを見てくれている人の役に立てばうれしいです。


« フィーリングスキー体験その1 | トップページ | 子供に教えるスキー その3 »